不良中年男、会社をサボって朝湯朝酒の図

山歩きをするようになって数々の温泉に行きました。
その中で、温泉自体が楽しめるお勧めの湯をリストアップしてみました。
選定基準として掛け流しでない温泉はリストアップしていません。
同じ点数の場合上側がよりお勧めです。

また、浴槽の数に女湯は含みません。(分からないもんね。)

Ranking

施設名 地名 評価点 内湯 露天 掛流し
湯量
泉質 料金 備考
磐梯沼尻高原ロッジ 磐梯
沼尻
☆☆☆☆ 強酸性
硫黄泉
500 豊富な湯量と強酸性のお湯が最高!
早乙女の湯
(そうとめ)
栃木県
喜連川
☆☆☆☆ 加水掛け流し 含硫黄Na/Ca塩化物温泉
(弱アルカリ性)
700
5時以降500
石油臭がするとても変わった湯。カランの湯も源泉。
ホテルアオキ 栃木県
大田原
☆☆☆☆
+サウナ
アルカリ性単純温泉(アルカリ性低波長性高温泉) 600
5時以降500
単純泉と言っても一味違う。熱くて豊富な湯量は特筆。
女夫淵
温泉ホテル
女夫淵
栃木
☆☆☆ (宿泊者) 12 Na塩化物泉 1000 12のうち10は混浴、洗い場なし
積善館佳松亭 四万
群馬
☆☆☆ 4? 2? Na・Ca−塩化物硫酸塩温泉 18K
(1泊2食)
温泉、食事、サービス、どれも文句なし!
やまびこ荘 奥日光
湯元
☆☆☆ 硫黄泉 600 熱い白濁したいいお風呂
大黒屋 那須
三斗小屋
☆☆☆    不明 宿泊
のみ
徒歩2時間の秘湯が価値
大黒屋 奥甲子
栃木
☆☆☆ Ca石膏泉 600 胸まである深い風呂、石鹸不可
白根温泉
薬師の湯
丸沼付近群馬 ☆☆ 単純泉 1000
(600)
湯量豊富

磐梯沼尻高原ロッジ    
田部井淳子さんの夫が沼尻スキー場で経営するロッジです。大きな温泉ではありませんが、流れ込む湯の半分はそのまま排水溝へ流すほど豊富な湯量と強酸性の湯が魅力。
スキーシーズンは知りませんが、いつも貸切状態でのんびりできるので辛くも早乙女温泉に勝利。

早乙女の湯(喜連川)
エメラルド色の石油臭のする変わったお湯で有名です。硫黄泉でアルカリ性っていうのも変わってるし、「お客様が店を選ぶように私たちもお客様を選びます。」と大書きしているのも珍しい。徹底的にその筋の客排除の姿勢。
泉質、湯量、地元の方中心のアットホームな雰囲気、お客様満足度No.1を目指す従業員の方、どれをとっても文句なし。2005年冬は那須の往きに帰りに会社の帰りにと幾度となく通い詰めました。こんな温泉が近所にある地元の方がうらやましい。ボディシャンプーと石鹸はあり。シャンプーはありません。

2005年お気に入りNo.1
(注;あまりに成分が濃すぎるので加水しているそうですが十分納得。カランの湯も温泉)

ホテルアオキ(栃木県大田原)
大田原市内にあるビジネスホテルに併設の温泉。内湯はローマ風呂とジャグジー、露天は岩風呂、サウナもあるが余りに温泉がいいので入ったことはない。
湯量たっぷりの熱めの湯は単純泉ながらいかにも温泉らしく肌が少しヌルヌル、栃木県内にもそう多くはない飲用可能泉。

2006年お気に入りNo.1
 単純泉あなどれず!!

女夫淵温泉ホテル
ホテルの外湯ですがそれぞれが源泉を持つ12もある露天風呂は渓流沿いで気分最高。女性は着衣で混浴の場所を抜けて女湯へ行くのでオッサンの尻を目にすることになる。
長い厚手のバスタオルで堂々と混浴してる若い娘は風情があるが、薄手の白いタオルでかろうじて体を隠しているオバサン達はいかがなものか?(この言葉キライなんですが、まさに・・・)
洗い場はありません。    

積善館佳松亭(四万温泉)

  積善館本館 元禄の湯
佳松亭は四万温泉の老舗旅館積善館の離れ。
大きな旅館なのに部屋数が少なく団体客もとらないので館内は人けもまばら。部屋の大きな窓ガラスは外側もピカピカに磨き上げられ、四万の有名どころのYやTなどとは一味も二味も違う。料理も文句なしでこの値段。
毎分900Lの豊富なお湯を極少人数で使用する贅沢さは格別。
難点は予約が取りづらいことと立ち寄り湯が不可なこと。

本館は元禄年間に建築された重要文化財。そこにある元禄の湯は昭和5年建築の県の文化財に指定され、スチームバスが珍しい。
                       元禄の湯は立ち寄り湯可能。

やまびこ荘(奥日光湯元温泉)
地味な温泉宿です。白濁した硫黄泉が二つの浴槽を満たしている。右手の浴槽は源泉が注がれていてすごく熱い。そのお湯がオーバーフローしている左の湯で体を慣らしてからでないと入れませんが、この熱さが堪らない。いつも空いていてのんびりできるし、奥日光ではここが最高。湯元温泉バス停そばです。
内湯のみ。

大黒屋(那須三斗小屋温泉)
栃木県岳連の山スキー講習会で宿泊。雪で閉鎖中の宿をわざわざ掘り返して明けて頂きました。お湯は20日入ると32の病気が治るということで、四万温泉には負けるか。
お湯自体よりも雪山をスキーで何時間も登り、かつ我々のためにわざわざ開けてもらったという超秘湯ぶりを評価。無雪期なら感動はどうか?    

鹿の湯(那須湯元)   変り種につき番外
那須の殺生石と道路を挟んだ反対側にある名湯。男湯には41,42,43,44,46,48℃の湯船があるので熱い湯が好きな方にはお勧め。
私は46℃まで入りました。入っているときはピリピリしますが、出ると非常にすっきりします。48℃の湯船の脇には地元の常連らしオッサンが牢名主よろしく座り込んでいて、入ろうとする観光客にあれこれイチャモンを付けているので止めました。
洗い場もなく、お湯も豊富でないし泉質も今一。変り種の番外でしょうか。

逆Ranking
あくまで私の感想です。ご自分で入って判断してね。

鬼怒川温泉
宇都宮から近いこともあって行く機会が多いのですが、ほとんどがカルキ臭がして肌がザラザラします。    ホテルあさやが少しマシだったような気もするが、終始酔っていたので不確実。

那須温泉
サンバレー那須、エピナール那須、りんどう湖ロイヤルホテル、ウェルネスの森那須などに時々行きます。
サンバレー那須のオリエンタルガーデンにある桧風呂(白濁の硫黄泉)は家族でも行ったくらい気に入ってますが、エピナール那須はカルキ臭がします。
りんどう湖ロイヤルホテルは可不可なしですが、中華レストランの激辛マーボ豆腐と瓶入り老酒が美味い。
ウェルネスの森那須は人工温泉ですが、部屋毎に違う欧風調の造りと全部屋に備え付けのマッサージチェアはグー。(本館)
大丸温泉の駐車場を囲む土産屋の風呂は話題作りに最適。いつ湯を換えたのかなぁ?

名栗温泉さわらびの湯
いつも混雑。循環湯に特徴はなく、ジャグジーはポリバス。なぜか外人さんを見かけるがこれを日本の温泉と思わないでね。
一度は話の種にどうぞ

マナー
2004年4月に鈴鹿サーキットで上級テストドライバー訓練を5日間に渡って受講し、鈴鹿サーキットフラワーホテルで毎晩掛け流しの湯に浸かってました。
関東地方でも5割くらいの方は掛け湯をせずに入ってきますが、ここでは9割以上が掛け湯せずにザブン。それも大半がお子さん連れです。
これってマナー違反の拡大再生産じゃない!?