独り言

← チーム・マイナス6%のHPへリンクしています。

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年12月24日 
相聞歌(12月31日曲名勘違いを訂正)

知って以来ずっとビリーホリデイ漬けです。
What a little can I do  Lover come back to me を聴くと不覚ながら涙がでます。

Aさん、がんばって!


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年12月23日 
スキーレッスン

メイン講師に北海道のスキー指導員マッキー、アシスタントには冬の間某ミーハー系スキー場でレッスン
をしているS嬢という豪華キャストでのスキーレッスンが開講。

話を聞きつけた東京の某山岳会からも参加者があったくらいの人気レッスン、「私をスキーに連れてって」
で予習してからレッスンに臨んだ。   (↑実は関係者)   
ついでにHula girlも見たけど、面白かった。

かぐらスキー場は雪質最高、積雪量も全く問題なし。新潟は雨の予報に覚悟していた天気も微風快晴。
朝9時から真っ暗になった17時過ぎまで丸々1日のレッスン。緩斜面では大分安定感が増した気が。

レッスンは3月まで続けてもらえるとか。
今日の話を聞いた家内も次回は参加希望。レッスン料は飲み会の送迎係だそうです。

  


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年12月22日 
怒濤の1週間

(木)夕方から出張 宇都宮→埼玉(忘れ物)→鎌倉(泊)
(金)終日出張 午後鎌倉→埼玉(まだ忘れ物)→宇都宮(泊)
(土日)奥白根登山。夕方帰宅後訳あって会社2往復、その後飲み屋で独り酒。
(月〜木)2泊4日海外出張。PM4:30成田着後、会社に直行して15分会議。その後飲み屋で独り酒。
(金)バッテリー上がりで、朝からKに救援要請騒ぎ。なんとか会議は滑り込みセーフ。夜埼玉へ帰宅。
(明日)朝4時半起きでゲレンデスキー

いやぁ、自分のせいとは言え忙しかったぁ。

雑踏前のクリスマスマーケット(夜は身動き不能状態)         


    テキ屋風はいません          街で一番古いビヤホール
 



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年12月15日 
場違い



後列右端はオリコンエンタメ社長の垂石克哉氏。

右から3番目は松坂投手を追い続け、写真集を幾つも出している写真家津田明氏。
日本のプロサーファーの草分け。最近は雑誌レオンの編集にも携わっているとか。

1人おいて5番目は伊達公子選手、杉山愛選手、松岡修造選手を育て上げた元フェドカップ
の監督内山勝氏。NHKのウィンブルドンの解説者でもある。もちろんご本人は知る由もないが、
実は私は孫弟子。あ、叱られちゃうなこの腕じゃ。

私の横の女性は宇宙戦艦ヤマトのヒロイン「森雪」、シティハンターの刑事「野上冴子」でおな
じみの声優麻上洋子氏。最近は講談界の初の女流真打でもある。

メディアに露出していないので紹介は控えますが、他もそれなりの方々。
しがないサラリーマンは私だけ。

みんな車で帰っちゃったので麻上さんとデートして帰りました。

私?
クライミング界代表です! 






___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年12月9日 
恐れ入谷の鬼子母神

 

お目当ての鮟鱇鍋、これで2人前。大洗行ったってこんな鍋見られない。
もう〜言葉なし。

じゃ、次。

 

この牡蠣鍋も2人前。美味いに決まってるでしょ、これだけ入ってりゃ。それも大粒。

右の写真はマグロの赤身じゃありません。
今まで食べた中で最高に新鮮で美味かった蹴飛ばしとレバ刺しは
各200円也!
お店を教えてくれた人が「ここは日本か?」って言ってたけど、絶対日本じゃない。

場所?ヒ・ミ・ツ! 我が家から往復5時間掛けて行ってきました。

 

店内に「立小便禁止」って書いてあります。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年11月25日 
老後の備え

義父の1周忌で茅ヶ崎に帰ったついでに同級生達と飲みに行った。1次会は野球部のススムが友人
数人と老後の暇つぶしに備えて始めた長後(小田急線)にあるレストランKo-Ba。素人が集まって
趣味で始めた店と聞いていたのでたいして期待してなかったんだけど、そこそこ本格的。

高校生の頃よくお世話になった大きなソバ屋の製麺工場を改築して作ったからコーバだって。
イギリスの湖水地方の家を模したとか。施工業者によるKo-Baの紹介

私の年代になると恵まれた境遇の人がポチポチと早期退職の道を選び始める。
でも山とかサイクリングとかしか趣味がない私は定年後の時間潰しが今から憂鬱。多分65才まで
再雇用してもらうしかないんだろうなぁってさみしいワークホリック。

こういう趣味もあるんだなぁ。そろそろなんか考えなきゃ。

                                
左端のそれっぽいのが優雅なススム君
  

ところで今回来れなかったみんな、来月もやるよ!
Liccoさんも来るんだって、でへへへへ・・・。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年11月18日 
反省

いくら知らなかったとは言え「青い果実」なんてオチャラケ書いて・・・。
Holidayなんて悲しい苗字の話どころではありませんでした。
奇妙な果実の意味をご存知だった方には不快だったと思います。ゴメンなさい。

それとなく知らせてくれた 旧NiFty FCAMPのMさん、ありがとう。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年11月12日 
青い果実

じゃなくて、奇妙な果実。Billie Holidayです。

   

気にはなっていたけど、何となく買ったことはなかった。素晴らしい、これ。
左が The Finest、右が As Time Goes By。
しばらくこの人に夢中になりそう。

しかし、おそらく奴隷時代の両親か祖父母かが付けた英語の苗字でしょう。
想像するだに悲しい苗字です。


__________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年11月11日 
業務放棄

先日乗った車のナビ、ガイドを無視して走っていたら、
「ルート上に復帰したら案内を再開します!」

車内大爆笑。
心なしか声もきつかったような気がしないでもない。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年10月22日 
湊屋藤助

      

dancyu 11月号に載っていた湊屋藤助、新潟へ旅行に行った知人に頂きました。
最近メジャーデビューしたそうですが、こちらではまだまだ稀少品。
4日の晩、那須のガルーダ山荘で味わいましょう。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年10月15日  
Thanks!

   

10年10ヶ月と1週間、140,239kmの活躍、ご苦労様。
故障らしい故障もなくよく働いてくれました。
まだまだ乗れるけど、自分のライフサイクルや今後の新車のモデルサイクルを考えて今日お別れに。

こんなに愛着のわいた車は他になかったなぁ。
これまでいろいろ乗った中で最高の車でした。



Thanks again and bye-bye.



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年10月8日 
決算

Air Wave(4WD, L, Normal Roof)に乗り始めて1年間の決算。

総走行距離:1万8320.9km
総給油量:1309.86L
平均燃費:13.99L/km
CO2総排出量:3.09ton
(全てCVTモードで走行、12月から4月までは冬タイヤ)

凍傷で山の頻度が少なかったとは言え、今までは年間走行距離が22,000kmくらいだったから、
少し抑えられたかもしれない。
ちなみに燃料代は16万204円(平均122円/L)。北関東在住なのでガソリンが安くて助かっている。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年10月7日 
で、要るんだっけ?

Nationalの軽量LED3灯ヘッデンを使っていてすごく困ったということはあまり
ない。 記憶にあるのは冬の男体山夜間トレーニングでガスに巻かれた時に光
が乱反射してほとんど役に立たなかったことくらいか。

とは言え、夜明け前の長次郎雪渓や、真っ暗になった前穂・奥穂の登山道では
照射距離の短さが気になったことは事実。

これからは薮山シーズンでもあるし、夜間のルーファンが可能なヘッデンを探した。
照射距離、使用可能時間、重量、防水性などを総合的に勘案して決めたのがBlack Diamondのヘリオン。

普段は15m照射の3灯LEDで、いざとなったら照射距離110m(自称)のキセノンブライトバルブ。1m防水。
LED(ルクセオン)で50m照射のPrimousのPrime Treckも最後まで迷った品。
山部さん、今度勝負しましょう。

最近プリンストンテックとか、あのシルバとかからもよさそうなのが出ています。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年9月24日 
自慢

1馬力って農耕馬なんだそうだ。サラブレッドは推定3.2馬力だって。

で、サラブレッド100頭分の車を乗り回した。アコードクラスの車体にこの馬力
だかだから加速だけなら向かうとこ敵なし。高速の追い越し車線でせこいBenz
やBMWがせっついてくるのを待って一気に加速。    
・・・・・・・・・・。

伸びがある分昔のツインT/Cスープラより間違えなく凄い。踏んでしまえば後はもう孤高のランナー。

昨日家内を乗せたら評判最低。「狭い」「酔う」「腰が痛い」「ビールのケース入らない」・・・
「何とかウェーブの方が全然いい(家内は未だ私の車の名前を知れません)」どころか先週借りたLIFEの方
が断然いいって。でも、ある意味納得。

超高出力FRの走りの楽しさはすごいんだけど、出さなくていいスピード出したくなるからCO2はメチャクチャ
出すし、捕まりゃ大変だし、スピード出さなきゃ価値ないし・・・うーん。

やっぱ 今の時代、Air Waveの勝ち!! 環境的な後ろめたさのない分、ルイガノですら圧勝!!




___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年9月16日 
バイケンロック

チャリにも乗りたい、クライミングにも行きたい、でも2日間は遊べないし・・・。
そうだ、チャリで岩場に行けばいいじゃん!

自宅から越生の聖人岩まで20km、往きはずっとだらだら登りなので1時間15分。トラックの風圧に威
嚇されながらの楽しくない道だったけど、モズの高鳴きや稲の実りに秋の風情。
帰路は走り足りなくて、仙元山タイムアタック! 時間計ってないけど。

クライミングも下手なりに楽しかったし。

Bike&Rock、いいね。 
だから聖人岩年間会員、申し込んじゃった。←ウソよ、そんなものありませんからね。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年9月10日 
我ら陥落せり

11年目を迎えるオデッセィ、そろそろ買換えを考えてディーラーに行ったが交渉決裂。
なんせ、従業員販売使えるから。

で、夕食前、自宅でネットサーフィンしながらチビチビやってたら、そのセールスマンの奇襲攻撃。
調理中の家内もキッチンドリンカー。
あえなく我ら陥落せり・・・。

いくら息子みたいていったって従業員販売より少し高いのに、甘いなぁ・・・。オレ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年9月8日 
魚の八石(はちこく)

今週末は母親をどこか気晴らしドライブにでも連れて行くつもりだったのに生憎の雨。
がっかりする母親に出来る内の親孝行と、とっておきの魚屋に連れて行ったのは東武東上線
鶴が島駅近くの「魚の八石」。

数年前に仕事関係で初めて連れて行かれた。
「びっくりしないでくださいね。旨いんですけど汚いから。」
そう言われていたものの、実際見てびっくり。え〜!? 本気かよ!

今日も家内と母には良〜く言い聞かせてから行ったけど、着くなり絶句。
「・・・ 。お父さん、ここトイレあるの?」
まぁ、資材置き場のバラックを想像すれば当たらずとも遠からず。周囲もそんな風だし。
イヤ、決して不潔とかじゃなくて、ただバラックなだけ。まさに魚屋版水よし。

利尻の生うに、太海の特大サザエ、長崎(漁港名忘れた)の生鯖、(漁港名忘れた)赤貝、カンパチ、
本ガレイ、まツブガイ、キンキの煮付け・・・
しめ鯖なんか、今からしめるから時間くださいって。 ある?そんな店!?
今月で終わりの岩牡蠣もバンバン出てた。安いから。

運転なので飲めない私を尻目に、八海山純米本醸造、生ビール、瓶ビール、チュウハイサワー・・・。
大騒ぎの挙句、隣の家族連れには因縁つけるし。

これだけ飲み食いして一人5000円にも満たない額だし、二人は喜んでくれるし。
あ〜、宇都宮の夜の国際交流は死に金だぁ。 だよね、心当たりのある皆さん!

0492−34−7650:入りたければ予約すべし。

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年9月3日 
復帰と復活、ちょっぴり憂鬱

ここのところ3週連続で水曜日の晩にロスキャニ(ボルダリングジム)に行った。
1月には4級でも登れる課題があったのに、復帰第1戦は6級の1手目が取れず頭がパンプ。
半年間使わなかった右手は握力ゼロだし、傷跡に触れると今でもビリっと電気が走るくらいだから
今じゃ5級だって雲の上。まだ1課題しか触ってないかな。

復活、道遠し。

今までみたいに腕力頼りのクライミングはしばらく無理と悟って、足の使い方を工夫した。
クライミングって頭使うか、筋肉使うかしかないから。
そしたら、凍傷前でも苦手で登れずに残っていた6級の課題が見事クリア!
ホントに嬉しかった。

昨日の朝の白毛門登山口P、気温15℃。車から出てたった30分で凍傷の指がもう紫色、
見なきゃ良かった。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年8月19日 
まったりキャンプ

今年の熊谷山旅会夏合宿は小川山フリークライミング。皆は金曜日発で土日クライミング三昧です。

今やイレブン、トウェレブになってしまった彼らに付いていかれる訳もなく、私は岩場にも向かわず、
朝っぱらからワイン三昧。大人だなぁ。
岩も登らなければ、設営も料理もしないで、ただ飲んではハンモックに揺られてうつらうつら。

                
皆が岩場に行ってる間の不良会員のひそかな楽しみ
    

S嬢が午前中から腕によりをかけた料理の数々に加えて、サザエ、殻付きホタテ、ハラス、、、の
海鮮BBQ。いやぁ、飲んだ、食った、酔った。
さすがに午前中から飲んでいたので、夜は宴たけなわを前に意識混濁。写真がありません。

先月の大キレットでお会いしたHさんにまたもお会いできました。
Hさん、結構な差し入れありがとうございました。


翌日はマガスラブで簡単なルートをトップロープで遊ばせて貰いました。
今回フリークライミングデビューのHYSさんのあまりの才能に唖然。室内だったらデビュー戦で11か?
    


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年8月16日 
ベコハイ

その名の通り牛乳+焼酎。
熊谷駅北口星川通りにあるホルモン焼き「水よし」支店。 いやぁ、この夏休み普段
にもまして体壊すなって思うほどあちこち呑みまくったけど、ここ最高!

ガツにハツにハラミにレバーにタンに何だったっけ?元々深窓の出だから内臓系に
はあまり馴染みがないんだけど、ウ・マ・イ! 安かった!
多分
新鮮だからちょこっとだけ炙った生焼けでいい。

惜しむらくはお盆で内臓系の刺身がなかったこと。
すっかり記憶をなくし、帰宅後朝までパンツ1枚で板の間に倒れてた。

お金払ったか心配・・・。2次会にS嬢が呼んだ女友達にHな事言わなかったか心配・・・。

                              最後はこんな風に見えた
  

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年8月5日 
希望?絶望・・・!? 

慶応の石谷久教授の講演会を聞きに名古屋に行った。
鱧の湯引き美味かった、じゃなくて・・・。
COP3の目標値は95年比6%減(≒2005年比11%減)なんだけど、30年後の排出量予測は色々あるけど
推しなべて今の4倍。温暖化防止のためのCO2レベルを550ppm以下とすると、本来あるべき今の目標値
は現状の1/3。
つまり、30年後にたまったツケをまとめて返すとすると、一桁の削減が必要だそうだ。

ありえない。前にも書いたけど10%のCO2削減のためには年に5週間息もオナラもしない生活が必要。
一桁削減っていったら年に5週間だけ息とオナラをしていいってことじゃん。
環境省が言ってる100年後大宮が海岸線になるのは現実なんですね。(川沿いでなければ沈みませんよ。)

石谷先生は「あと2,30年あるからそれまでに」って仰ってたけど・・・。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月24日 
祝杯

10日に金田先生からもう来なくていいと言われたが、無理にもう1回ってお願いして今日が最後の通院日。
凍傷後の暗澹たる日々を思い出しながら電車にゆられた。

「先生、お陰さまで昨日岩登り行ってきました!」
「え〜、これだもんなぁ、山屋さんは。何とかと煙は高いとこ登りたがるっていうからなぁ。」

先生、先生!ヒマラヤの未踏峰を踏んだだけじゃなくて、第2次RCCのエベレスト南西壁登攀隊の隊員で、
密かに登頂まで狙っていた先生に言われても説得力ないですよ〜。

金田先生、看護士のIさん、2ヶ月間本当にお世話になりました。診察室を出るときにかけて頂いた言葉、しっか
り受け止めて山に向かいます!!

帰りがけ、一度やってみたいと思っていた「駒形どぜう」で粋な独り酒。
おなかを少し空けておいて行った恵比寿ガーデンプレイスで美味しいチーズを肴に冷えた白ワイン。
全治の喜びを噛締めて帰宅しました。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月19日 
登れん!

薬指使わなきゃいいんでしょって、半年振りにいそいそロスキャニ。
でもそんなことは机上の空論。下手ッぴに出来るわきゃない。

そもそも、指以前に脚力と腹筋がなくて立ち込めず。1手目がとれない7級にがっかり。
腕がパンプしないで頭がパンプ。

一緒になった会社のFさんの誘いを渡りに船に、がっちゃんも呼び出した居酒屋で中生数えられず。

To stop or not to stop. いっつぁ くえっしょ〜〜〜ん〜〜!


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月15日 
7組限定雲丹懐石

もろもろの祝いを兼ねて母親の奢り。

苦心してようやく7組分集めて空輸したという蝦夷馬糞雲丹を使った手の込んだ料理の数々。
しかも毎度本業の税金対策かと勘ぐりたくなる破格のお値段。
東京からわざわざ劇団Sの関係者がやって来ていたのは値段じゃないだろうけど。

          雲丹尽くし                 皿に合せて出てくるお酒のコース


   〆もふんだん
 しかし、これを食べるために病院を一晩仮退院してきた母親、まだまだ元気だな。
 長生きして来年もゴチしてね!












___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月9日 
治療終了!

   
切ったのどの指?        正常な左と比べてみると・・・  右はやっぱ短いな(バンドエイド付き)          
    
今日は週一回の診察日。金田先生が、

「もう完全に皮膚が覆ったね。もう来なくていいよ。」
「えっ、(絶句)」

皮膚が薄いので岩登りは未だ無理だけど、縦走やお風呂はもういいよって!ただ、残した爪が巻き爪になる
可能性があるので、そうなったら爪切りだけは欠かさないようにとのこと。巻き爪って想像以上にやっかいら
しい。ならいっちょ、ネイルサロンでも通うかな。

それにしても、湿潤療法はそろそろ終わるのかなって感じてたけど、通院はまだ続くと思っていたので治療完
了にはビックリ。先生に無理言って再来週もう一度見て頂くことにしましたけれど、実質の治療は今日で終わ
りです。

私、金田先生に診てもらって本当に良かったと思っています。仕事柄あまり情緒的な判断はしない性質なんだ
けど全幅の信頼が置けた先生でした。この先生で上手くいかなきゃ仕方ないかって。
何でそんな事思ったんだろう?凍傷治療の第一人者だから?いいや、正直に患者に向き合ってくれるお人柄っ
てことだったと思います。不思議な魅力の先生です。これからもご活躍を!

看護婦のIさんにもすっごく感謝。切断して見た目も不細工な上に1週間も洗っていない右手をいつも我が子
の手を洗うかのように優しく丁寧に洗ってもらいました。いくら仕事とは言えこんなおっさんの指、さぞ気持ち
悪かったと思うのですが。

金田先生、Iさん、治療中励ましを頂いた多くの皆様方、本当にありがとうございました。今後は怪我などしな
いよう充分注意して山遊びに精を出すつもりです。

だからこれからも遊んでね!!


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月9日 
トム・クルーズから電話が!

M:i:Vを見に行った。
手に汗握るアクションの連続。せっかく確保した悪の権化を護送中に空爆を受けて取り逃がしてしまった
イーサンが、ジュリアの安否を確かめるために電話をかけたその瞬間、私のポケットの中の携帯が
プルプル、プルプル。えっ!?、そしてイーサンが繋がらない電話を切ると同時に私のも切れた・・・。
その上、非通知・・・。隣で見ていた家内もビックリ。

映画が終わって、「車どこ停めたっけ?」 E3、えっ?
これ、ほんとの話。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月8日 
田舎な1日

今朝宇都宮から帰宅すると、裏山からいつまでも続くピョ-というアカゲラの大声。

朝食後、また入院してしまった母親の見舞いにルイガノ駆って武蔵丘陵森林公園まで片道約10キロの
ポタリング。カッチョイイロードレーサーに勝負を挑むも、はなから相手にされず。

帰路、嵐山渓谷から大平山登山口を経由して雨のお陰で清流に戻った槻川の土手をカジカの声を友に
自然観察。キラキラ流れる浅瀬から頭だけ出して何分も動かず岩の上のカジカをジッと狙うアオダイショウ。
ヒーヒー言いながら登った仙元山では遠慮がちなアブラゼミの初鳴き。

夕方、家内とバス代ケチって歩いて町へ繰り出す途中、脇の藪からウグイスとガビチョウのうるさいくらい
のさえずりに混じって早くもヒグラシの初鳴き。 気分は夏本番。

ほろ酔い加減の帰宅後、今朝の新聞にも出ていた歩いて10分のホタルの里へ。先週は顔にもぶつかった
という乱舞はなかったけれど、谷あいの田に舞うホタルは幽玄そのもの。いつもの場所より数段よかった。

大満足の1日!!

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年7月2日 
鳥博士

居間からフト庭を見るとコゲラがツルバラの幹を盛んに突いていた。キツツキの中では比較的都市型なので
珍しかないけど、庭に来たらやっぱり嬉しい。茶に白の斑点をまとい、チョコチョコ、チョコチョコと幹を登って
みたり降りてみたりとユーモラス。写真を撮ろうとしたら宅配便が来てしまい飛び立ってしまった。

午後、庭の手入れをしている間ずっと裏山でアカゲラがドラミング。姿を見たわけじゃないけど、鳴き声はしょ
っちゅう聞かれるし、アオゲラやクマゲラはいないだろうから。

庭仕事に出ていた近所の奥さん連にキツツキだよって教えたら、
「**さんは鳥博士だねぇ」
・・・・・。 

なんだか昆虫博士の小学生になったみたい。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月25日 
ガリア戦記 ユリウス・カエサル著 近山金次訳 岩波文庫

後に独りローマの共和制の破綻を予見し、初代皇帝となるカエサル(シーザー)が蛮族を
打ち破ってガリア(フランス)を平定するまでの8年間の戦いの記録。(訳は7巻まで。)

軍事と政治の超天才にして、ローマの共和制の限界を予見して巧妙に帝政の礎を築き、
一方では2000年を経た現在もなお文庫本の版を重ねることで、物書きにとって羨望の
的でもあるという著述家カエサル。

その文体を少しは見習ってこのHPの質を高めてみよう、という身のほど知らずの野望に
駆られて読んでみた。


これだけの戦争をしたら普通なら書きたいことが多くて収拾が付かないのだろうけど、簡潔に徹したな記
述。時代に精通しない私はもちろん受け売りであるが、「必要な事実が必要なだけ」書かれているそうだ。
加えて自分のことを「私は」じゃなくて、「カエサルは」と書くほどに徹した客観的記述。更には戦闘はもち
ろん、作戦の背景や兵士の思い、時に読み手をじらしつつ辺境の蛮人の社会までをも読者に興味深く伝え
る巧みな構成。

能力とか功績の自慢は一切なし。もちろんこれだけの成果、その欲求がないわきゃないだろうけど、言わず
もがなの事を自ら述べる愚かしさや、戦記としてのあるべき姿などを2000年前の天才は判断したのだろう。
もちろんこの時代、読み手も情勢や行間を読めるインテリに限定されていたという理由はあったにせよ。

「原文は簡潔、夢も望みも苦しみも、恐れも怒りも悲しみも、憂えも祈りも喜びも、生々しい姿で描かれて
いる。」と訳者は書いているが、2度読み返してみても私にはその生々しい感情が読み取れなかった。

訳者が読み取ったこの行間、いつか読んでみせる。

読んでみようという方で、当時の背景に詳しくない方は、塩野七生さんの「ローマ人の物語」(文庫本第10〜13
巻)を読んでからの方がとっつき易いかも。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月24日 
東京見物

【ルート】
登山口(東京駅丸の内南口)→皇居見学→靖国神社見学→浅草散
策→お台場散策→六本木ヒルズ見学→下山(東京駅丸の内南口)
【参加者】
常吉と家内、他38名(はとバス公募隊)
【共同食】
浅草「米久」の牛鍋




家内がゴルフコンペで、はとバスツアーご招待券をゲットしてきた。題して「東京今昔物語」。
ちょうど東京下町味巡りの最中なのでもっけの幸い、米久の牛鍋を食べに行くことにした。

午前中は今昔物語の「昔」巡り。
皇居前広場や二重橋を久々に見たけど、数あるヨーロッパの宮殿にひけをとらないどころか、日本美を再認
識。
たまたまうまい具合に警護の警官の交代と、騎馬警官のパトロールを見ることができた。

        米久本店
入店時に大太鼓をドンドンと敲いて迎えてくれる米久。
靴を脱いで古い造りの急な階段を上がって2階の座敷へ通されると、
おのぼりさんにはまずは調理法がレクチャーされる。

鉄鍋に敷いたラードがわずかに溶けたら、まず野菜と豆腐を乗せて
続いて肉を乗せたら割り下をかけて・・・。なんの変哲もない。
浅い鍋は煮立つ時間も待てない気の短い江戸っ子のためだとか。。

以前個人で来た時には厚みのある大きな霜降り肉が出たが、今回は
さすがに「切り落とし」。
肉の質は多分同じように見えたけど、切り方一つで印象が随分違う。
そうは言っても充分美味しかったし、店員さんの感じも良かったので満足、満腹。


食後は大賑わいの仲見世、新仲見世、伝法院通りなどをせんべいや揚げ饅頭を頬張りながら、ほろ酔い散策。
最近はほぼ毎週月曜に来ているのに、不思議と飽きない。
この辺りで育った母親の好物の佃煮やせんべいや七味を土産に買ったりして、発車時間ギリギリセーフで乗車。

午後は「今」巡りのお台場と六本木。旗を高く掲げたガイドさんの引率でこうしたお洒落なエリアを歩くのは
さすがに気恥ずかしかった。それにお台場のファッションビルや六本木ヒルズにはまったく興味が湧かず、時間
がつぶせず。ヒルズ53Fの美術館でやっていたAfrican Remixに至っては全く以って理解不能。
まぁ、今回はご招待でタダだからいいか。

それにしてもお台場のロイヤルホスト、ホットコーヒー450円には驚いたぞ。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月19日−2 
おー!

週1度の通院日。
術後満4週間が経過した先週月曜日になっても傷口には新しい皮膚の兆候すら見られず、創傷治療耳年増
の私は少し心配になっていた。もっとも先生は順調と仰っていたけど。

今日看護士さんが包帯を解いた瞬間、私と二人異口同音に
「おー!」
なんと新たな皮膚らしきものが傷口を1/3くらい覆っていた。

手術前に先生から「傷口が新しい皮膚で覆われるまで6〜8週間」と言われていたが、その通りになりそう!
さすが名医!

ここにはあまり書いてないが、通院帰りのお楽しみは東京下町味巡り。今日は浅草の老舗「三定」。
天丼は高いので、旬のシラウオのかき揚げとご飯セットを注文。
感想は止めておこう。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月19日−1 
LOUIS GARNEAU LGS-XC BART

MTBが到着した。
オプションは専用スタンドと、SIRRUS A1にも付けた前照灯CAT EYE HL-EL510に4モードテールライト。
不整地走行を考えるとスタンドは不要だったかも。
高圧用の空気入れとヘルメットは宇都宮に置いてあるので買わなかったが、いちいち持って来るのも煩わし
いからやっぱり買わなきゃ。

手術の傷が完全に塞がるまで乗らない約束なので、当分は神棚に上げておきます。
山が人生を変えたように、こいつも新しい道を拓いてくれるかな?

   LOUIS GARNEAU LGS-XC BART         
ROCK SHOCK J4 (80-135mm可変、Rock機構付き)
            

    
   Fr/Rディレイラー、Fr/Rブレーキ、クランク いずれも SHIMANO DEORE
             

ワクワクしながらも、すぐにロードに手を出しそうな自分が・・・。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月17日 
トレーニング再開

今週水曜でようやく術後一ヶ月、トレーニングを再開した。と言っても汗で包帯を濡らすわけにはいかない
ので、スクワットや腹筋、ストレッチなど。

7月半ばに包帯が取れたらエアロバイクで本格トレーニング、そして夏休みには北アルプスに行きたいな。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月11日 
人間愛と情熱と

私の凍傷手術をして頂いた白髭橋病院の金田正樹先生の書かれた本を見つけた。

金田先生イコール凍傷治療と誤解していたが、実態はむしろ緊急災害医療の専門家。
一晩で42人の手術に始まり3ヶ月で700例の手術を行ったというアフガン紛争の野戦
病院やクルド難民診療の様子は鬼気迫るものがある。

全編を通して先生の人間愛と、自らに課した使命に対する情熱と責任感が感じ取ら
れる1冊。

あまりに自分と違う確固とした生き方に言葉が見つからないし、こんな修羅場をくぐっ
て来た先生に、たかが指1本の切断で「痛くないか、痛くないか」としつこく聞いた自分
に赤面の思い。

東京新聞出版局 ISBN4-8083-0765-0 税込み¥1575  
売り上げは災害医療活動を行うNGO HuMAに寄付されるそうですので、是非どうぞ。
このページからクリック1発、送料無料。

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月8日 
役得

 博物館見学して・・・
   ←セナ車

 VIPルームで練習走行見て・・・  
   ←速すぎて上手く撮れない

 自分たちも走って・・・  
 しこたま飲んだ・・・
   


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年6月3日 
サーカスが街にやって来た

 って言ってもMr. Summer timeの方。
 川越の身障者支援施設「いもの子作業所」が毎年主宰するチャリティコンサート。20年来の
 つき合いになる犬仲間5家族での参加は、もはや恒例行事。

 1時間40分休憩も取らずに聞かせ続けたハーモニー。圧巻は全12曲の映画音楽メドレー。
 ピアノとスキャットで演じた戦場のメリークリスマスも素晴らしかったし、
意表をつかれた
 ♪奮闘〜努力の〜
甲斐もなく〜 には大喝采。


アンコールをこのチャリティーコンサートにぴったりの新曲「一粒の雨」でしめた後、ロビーで観客を見送る大サ
ービス。今まで多くのアーティストが出演したけど、こんなの初めて。彼ら、優しいね。

    

これまでは障害者の置かれた立場をあえて声高に訴えることをしてこなかったこのコンサート。
それだけに、
「障害者自立支援」という美名のもとのこの国の施策。私は恥ずかしく思う。
  共演
←ごめんなさい、この1枚だけつい撮ってしまいました


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月29日 
通院の一日

毎週月曜は通院のため休暇。
朝7時半前に自宅を出て、病院到着が10時頃、診察を受けるのは11時少し前。診療自体は傷の経過チェック
の後、切断面にイソジンゲルをたっぷり塗りたくってアルミホイルに包んで包帯をするだけだから10分ほどで終
了する。傷に触れてもそうは痛くないので助かっている。

昼は25年ぶりの上野藪そばで「山菜天せいろう」。  2日ばかり前から左手で箸を使う練習を始めておいた。
蕎麦にウンチクがないので、単に「おいしい」か「美味くない」の二つしかないけど、おいしい部類。
ただ下町に続く伝統の店、蕎麦汁はかなり濃い。逆に蕎麦茶と蕎麦湯はなぜかかなり薄かった。

冷酒一杯だけって何度もお願いしたけど、理性に蹴飛ばされてあきらめた。

    
今は別店舗で営業中
藪を出てから、食後の散歩を兼ねて秋葉原へちょっと用足しに。
写真は今から48、9年前に実家で初めて白黒テレビを買った店。

一家四人が電車に乗ってやって来て、ワクワクしながら電気街を
あの店この店と品定めをした。確か、よそ行きの洋服を着てたな。
そんな時代。

一昨日の晩飯はなかなか思い出せないんだが。

噂に聞くメイドのお姉ちゃんも一目見て、ヨドバシカメラで物欲を目一
杯刺激されて帰宅した。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月28日-2 
大失敗

今夜もアオバズクがやって来た。
夜10時ごろから周りの山を移動しながらホウ、ホウ、ホウ。

雨の昨晩よりいい音で録音できるだろうと、ベットの中でカメラの準備。
小一時間もチャンスを待っていると目の前の小高い森でホウ、ホウ。
今だっ、とカメラを起動したらその起動音に驚いて飛び去ってしまった。

以後夜中まで待ったが2度と声は聞かれなかった。

悔し紛れに、深夜徘徊するホトトギスの声を録ったのでどうぞ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月28日 
アオバズク来る!(埼玉自宅)

夜明け前の午前4時、ホウ、ホウ、ホウの声に反射的に飛び起きた。
毎年楽しみにしているのに、昨年は待ちぼうけを食わされたアオバズク。一昨年より半月遅れながらも今年も
やって来た。

しばらく我が家の目の前の小高い林で鳴いていたが、新聞配達のバイクの音で西の山へ、そしてその後は栗
きんとんさんの家の裏山へと移動して、薄明るくなってからもしばらく鳴き声を堪能させてくれた。
栗きんとんさん、気が付いた?

居ついてくれるかなぁ。

もう何年も前、居ついてくれた時はそれは幸せだった。
近所で飲んだ帰りの20分ほどの道すがら、ホウ、ホウと鳴きながらずっと着いて来きた時は不思議な気分だ
った。近所には里山が多いから、残念ながら住宅街を囲む小さな裏山に居つくことはそう多くはない。

アオバズクの鳴き声をデジカメで録音しました。雨の音に隠れて聞き取りづらいですが、スピーカーに耳を近
づけて聞いてみてください。短いので繰り返し再生モードでどうぞ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月25日 
カッコウ初鳴き(宇都宮)

カッコウの初鳴きで目覚めた。宇都宮駅から徒歩20分ほど、まとまった緑などない市街地なのに毎年かかさず
やってくる。 景色を見なければ、まるで爽やかな初夏の尾瀬か軽井沢。

通院のために駅に向かう途中、頭のすぐ真上をチョウゲンボウが飛び去った。こんな間近で見たのは初体験。
通院とは言え、早起きは三文の得也。

手術後10日目の今日、経過は順調とのこと。肉芽による傷口の被覆を早めるために、切断面を包縮していた
糸の抜糸。これで感染症の怖れが半減のはず。抗生物質ももう出なかった。

私と入れ違いに入院した某クライマーを見舞って帰社した。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月22日
下町の洋食屋 その2 

退院後初めての通院。通院日は休暇をとっているので急いで帰ることもない。
お見舞いに来てくれた上野さんに教わった浅草の洋食屋「佐久良」へ行ってみることにした。
(ナスガルさんから「血行促進のためには洋食じゃなくて青い魚でしょ」というメールを頂きましたが、悲しいこ
とに箸がまだ使えません。)

ただ浅草寺の裏としか聞いていなかったけれど、付近の酒屋で聞いたらすぐに分かった。
なるほど下町の小さな洋食屋。夫婦二人が切り盛りする店内はウナギの寝床のカウンター7席と奥にテーブル
2卓だけ。

「TV・雑誌で紹介のカツサンドのお持ち帰りの注文はお早めに」と壁に貼り紙。あんがい有名店かもしれない。

出てきたビーフシチューはじっくり煮込んで中までソースがしみこんだ厚手の牛バラ肉が文字通りの主役。下拵
えしたブロッコリー、ニンジン、ジャガイモは煮込まずに、出す直前にソースにからめたもの。
そこはちょっと上品かな、私は大きめ野菜を煮込んだ方が好きなんだけど。

50も半ば近い私には少々ストロングでしたが、ソースたっぷりのとろける様な上等な牛バラ肉と、濃厚なデミグ
ラスソースがお好きな方にはお薦め。

帰路浅草寺に寄り、あるクライマーの速やかな全治を心からお祈りして帰宅した。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月21日 
行々子

ギョギョシと読む。

初夏の風物詩、オオヨシキリのこと。ギョギョシ、ギョギョシ、ギョシギョシと鳴くので、昭和中期の頃までの東京の
下町ではそう呼んでいた。「山谷堀あたりの葦うちでは吉原雀なんて風流な名前を頂戴しているらしい」と名人
金馬がその頃書いている。

五月晴れに誘われていつものお散歩コースへ出てみると、その行々子が今年も来ていた。
休耕田の葦原を求めて毎年この時期になると姿を現すのだが、お上のありがたいお触れで数年前に休耕田が一
斉に刈り払われて、工夫の足りないコスモス畑に姿を変えてしまった。

それでも農家の方が行々子のために少しだけ残してるれている葦原に今年もけなげにやって来た。

ギョギョシ、ギョギョシ、ギョシギョシ 変な声。

観光客増につながらないコスモスにはお上ももう飽きちゃったらしいから、葦原また増えるかな。
最近近所で見かけるようになった野鳥:ムクドリ、ガビチョウ、トビ、オナガ、・・・まったく。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月14日 
ready

今年初めての庭仕事。

普段なら私も家内もチョコチョコと手を入れているが、今年は母親の入院やその後の介護、更には私の凍傷などが
重なって全くできなかった。
だから今日は最低でも芝刈り、庭木と生垣の剪定は済ませたい。

生垣の剪定は普段ならヘッジトリマーでブーンと刈って落ちた葉っぱをバキュームクリーナーで吸い取ってしまうの
だが、右手をかばいながらの作業は不安なので、久々の手剪定。
植木屋の手ほどきを受けている家内の剪定鋏の切れ味にはビックリ。下手クソが使うと切れが悪くなると叱られた。

昼で一旦家に引っ込むと、すぐに目敏いシジュウカラがツピーツピーと鳴きながら落ちた枝葉の毛虫をついばみに
やって来た。

刈り取った枝葉の始末が全部終わる前に時間切れ終了。でも夕暮れに眺める庭先はスッキリ、サッパリ。

さて、これで、よし!

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月12日 
テッペンカケタカ

今日自宅上空でホトトギス初鳴き。
あの昼夜のべつまくなしの鳴き声にはすぐに閉口するけど、やっぱり初夏の風物詩。
いいもんだ。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月5日 
いつか沈黙の春

つい1週間前はやわらかな萌黄色だった仙元山がだんだん濃い緑になってきた。山にはフジの花が目立つように
なり、桐の大木にもチラホラと薄紫の花。めぐる季節は毎年一見変わらないよう。

でも・・・。
10年前には庭にまでやって来たこともあったのに、昨年はついに声すら聞くことがなかったアオバヅク。今年も
まだあの哀愁の声が聞かれない。
あれほどの数で鳴き誇っていたウグイスも最近はめっきり数を減らした。
槻川のウグイがカワウに食い尽くされて、いつの間にかカワセミも姿を消していた。

代わりにこの数年爆発的に数を増やしたガビチョウ。多彩な囀りをクロツグミだとばかり思い込んで楽しんでい
たが、実は台湾だか東南アジアからの愛玩鳥の篭脱け。だんだんずうずうしくなって近所の庭にも姿を見せる。

田舎町でも、よーく観察すればもっともっと色々なものが変わっているのかもしれない。

山が忙しくて手抜きになっていた庭の芝生、何年か化学肥料をやらなかったせいかミミズが繁殖。
こんなうれしい知らせは少しだけ。

 
       庭は雲子だらけ              ご本尊
  












___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月2日 
ナスカの地上絵

Google Earthを使った地上絵の新発見が続いている。いっちょオレもって見つけたのがこれ。


ちなみにこっちはウバザクラ。発見後、はや35年。


帰路、TSUKASAにて森田シェフの鴨のコンフィーと群馬の何とかさんちの豚バラ肉の煮込み。
シュピーゲルの季節。
 



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年5月1日 
Coming out

  もうすぐお別れ

 カエサルなら
 「そして手術は*月*日に決まった。」
 とか、
 「行った。決めた。切る。」
 とか簡潔にそれだけ書くんだろうけど、煩悩多き凡人にはそうはいかない・・・


********************************************

まぁ、いろいろあって凍傷の壊死部分を手術することになりました。
先々週セカンドオピニオンを貰いに行った病院でも切除を言い渡されてしまい、不覚にも涙が出てしまった。
でもそれですっかり吹っ切れたな。もう悩んでない。

後は切ったあとをどう処理するか、こっちの選択の問題。
「松」は足の親指の肉と骨と爪を移植する全身麻酔4時間コース、「梅」は切って縫ってはい終りの部分麻酔
2、30分コースまで、選択肢が多すぎ!

煮え切らない性格なのでフォース・オピニオンまで貰ってようやく決心。
今日家内と病院に行って手術の内容と日取りを決めてきた。 たいした手術じゃないんだけど。
でも痛いんだってね、術後。あの山野井さんがそう言ってたけど、彼は10本。私の痛さなんかその1/10か。

帰路、就職活動中の娘を呼び出して15年か20年振りに浅草駒形どぜうに行ってみた。やー、美味かった。
こんなに美味かったっけ?値段は当時の倍近かったけど、その価値十分。
その後もたま〜に行ってた渋谷店とは味が違うような気がしたけど、雰囲気のせいだけとも思えない。

私はひたすら丸だけ、家内と娘は他に湯葉刺しとどじょう汁まで。昼から冷酒もおいしく頂きました。

いい気分になったところで二人と別れ、渋谷文化村で「ポンペイの輝き」を見た後、イタリアワインでのんびり
余韻を味わいながら2000年前のローマに思いを馳せた。

いつまでも帰って来ないことに心配した家内から電話があったけど、ゼンゼン平気だぜ、オレはもう。


   
座敷に板が置いてあるだけ              丸1人前
 

 
  葱をこんな風にたんまりと


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年4月30日 
歴史の重み

山に行けなくてつまらなかろうと、ある人が塩野七生著「ローマ人の物語」1〜20巻をわざ
わざ郵送してまで貸してくれた。(現23巻まで刊行)

ローマ人が上下水道はもちろん、成文法に基づく共和制を敷き、執政官と元老院議会と平
民の権利を守るための護民官からなる三権分立を敷き、貸し金業には上限金利まで設けて
いた頃、日本人は一生懸命土器に縄巻いて過ごしてたのはチト、ショック。

歴史ある国。



で、カエサル。超天才軍事家にして革新的政治家、更には2000年を経た今でも文庫本の版を重ねる超売れっ子
文筆家。彼の手になる「ガリア戦記」を超えることが出来ないため、後の史家はこの史実を書くことができないと
いう。

主観を交えない客観的記述、簡潔そのもののでありながら読者を放さない巧みな構成、など世界の知性からの
ほめ言葉の数々。まだ12巻しか読んでないのに思わずユリウス・カエサル著「ガリア戦記」「内乱記」をクリックし
てしまった。

明日、用事で東京に行くので時間があれば渋谷文化村でやっている「ポンペイの輝き」に行ってこよう。
もっと時間があれば久々に浅草の駒形にも寄ってみよう。

若い頃、大げさに言えば元老院議員600人の内の1/3の奥様を寝取ってしまったというのもすごいけど、その
内のただの一人とも揉め事にならなかったという操縦術がすごい。そのヒミツも塩野七生さんが解き明かして
いるので必要に迫られている方やこれから必要になりそうな方は是非。
私にゃ真似できませんけど。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年4月28日 
目に青葉

先々週入れなかった青雲酒造「玉井屋」、運悪く今夜も貸切。
田舎町では行く店も限られるので、槻川のほとりの永徳屋へ。

今夜は初鰹、蕨と筍の煮物、天豆、舌切りとヤマウドの酢味噌和え、それに鰻肝焼き。
先々週の春の恵みから一転初夏の便り。ちょっと肌寒かったので熱燗で美味しく頂いた。

最後に母親は蒲焼、私は鰻重。
もちろん玉井屋ほどの珍味はないけど、最近とても美味しくなった。

永徳屋:R254旧道沿い、小川町駅そば。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年4月2日 
春の花と小鳥たち

                  
小川町、東西枝垂れ桜の競演 (西光寺と東昌寺)
 

         
野生のスミレ                        何コレ?
 

     
今日はカタクリ祭り
 ウグイス(囀り)、ガビチョウ、ヒバリ、シジュウカラ、コゲラ
 アカゲラ(声)、ノスリ、メジロ(群生)、チュウサギ?、ゴイサギ、
 ツグミ、コジュケイ(声)、ハクセキレイ?、ツグミ、
 ジョウビタキ、カラス、スズメ


 今年はどの桜も色にあでやかさがないような気がする。
 交配種であるソメイヨシノはそろそろ種の寿命とか。








__________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年3月31日 
一喜一憂

治療方針が決まった。
結論から言えば切断はしない。壊死部の自然脱落を待ち、その後の形成はその時の状態で判断。

自然脱落を待つことにしたっていう事は、待てば失う部分が少なくてすむ可能性があるってことだよね!
形成外科なんだから現時点で明らかに駄目なら切断・形成を勧めると思う。

先生のこれまでの適切な治療のお陰です。未だ早いけど、心から感謝!!

しかし、例え切断と自然脱落のどっちでも失う部分は同じだったとしても、切断じゃなくて良かった〜ぁ。
痛いのイヤ。ホントに。包帯外すだけでも今度こそ痛いんじゃないかと毎回冷や汗かいてるくらいだから。
まぁ、何にしてもこれでしばらくは手術の恐怖からのがれられるな。

ところで、爪はどうやら生き延びそうなんだけど、土台が無くなっちゃった場合は形成mustとか。
そりゃそうか。

「その手術だったら危険なことありませんから」
「ん・・・??」


自然脱落まではまだ1〜1.5ヶ月でしょうか。感染症だけ用心です。
ちなみに、中指は多分あと1週間もすれば自然治癒でしょう。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年3月25日 
汝ら、強き者

「貴方ってまだ体にメス入れたことなかったんだ。」                             :家内
「指の1本くらいでアンタが危ないこと止めるんなら安いもんだ。」                   :母親
「1本だけ?」                                                   :娘
「なんだ、先っちょだけ?。大騒ぎしてるからここ(根本)から先全部かと思ってた。」          :義妹

金曜に先生から
「私も切りたいわけじゃないけど、いずれ何らかの処置は必要でしょうね」
と言われ、また軽度の鬱。

こんな事がなければスキピオ・アフリカヌスならぬツネキチ・ツルギヌスを名のるつもりだったのに、芯から臆病者。

今はこれが精一杯。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年3月24日 
他言無用につき

先週金曜晩にTexasはSan AntonioでNBAの試合−San Antonio Spurs Vs. Phoenix Suns−を見る機会が
あった。
いやはやスゴイね。何がって、選手の迫力もさることながら一瞬たりとも飽き
させない観客を巻き込んだ演出。ゲーム前やハーフタイムのチアダンスや歌
手の歌はもちろん、監督のタイム要求の次の瞬間には多額の賞金付きの観
客によるフリースローゲームが始まったり、大画面に「Kiss her」って出て、
そこに映し出されたカップルが気付いてキスしたり、気付かないカップルには
みんなでブーイングしたり・・・もうあらゆるエンタメの嵐。

大袈裟に言えばスポーツ観戦50%、エンターテインメント50%かな。
こりゃ野球はかなわんわな。
ちなみにWBCはアメリカ人には誰に聞いてもその存在すら知らなかった。

約3万人の観客はほとんど地元Spursファンだから専用体育館の流す音楽や
アナウンスも完全にSpursの応援。相手の攻撃には例のDEEE Fence! DEEE
Fence!がやりやすいようにエレキドラムの合いの手で誘導するし、大画面に
「NOISE!」って出してSunsへのブーイングを促したり。ゲームオーバー間際
にはみんな立たせての大合唱。

だからSunsのフリースローなんてブーイングの嵐の中でやるもんだからちょっとかわいそうなくらい。

肝心なゲームはスピードのSunsとリバウンドのSpursが互いに一歩も譲らぬ大接戦。TVで見てるとシュートはほと
んど外さないように見えるけど、成功率はフリースローを含めて5-60%くらいで意外に外す。ダンクよりも3ポイン
トシュートが多いかな。

際立って小柄(でも191cm)で長髪というバスケットボール選手らしくないSteve Nash(Suns)はまるで牛若丸。
Never failed. 彼の前には常に相手の姿なし。素人目にも素晴らしかった。

実力はSunsの方が上に見えたが、幸いこの日の大接戦をSpursが制して皆さん大満足で帰宅しました。

   子供たちのゲーム             国歌斉唱               コヨーテ            
      

  ペットボトルビア                一番スキ
      




___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年3月12日 
小人閑居して何とやら

土日2日間も自宅でじっとしていると徐々に不健全な精神が不健全なる肉体を支配してくる。理性じゃ分かるん
だけど。でもそんなこっちゃいかんと夕方ようやくパジャマを着替えて近所をお散歩。

里山ではコジュケイ・ウグイス・ガビチョウ・シジュウカラが盛んに鳴きかい、ノスリの番もいつものように仙元山
の上空に飛翔を見せた。槻川にはカワセミの姿こそなかったけれどダイサギが警戒の首をもたげ、カルガモの親
子や知らない水鳥の姿があった。この辺ではめったに見かけないトビの姿も珍しく。

散歩中に会社の山岳部のきーぼおさんからtel。昨日の日帰り旭岳東稜(八ヶ岳)、夕方4時前には車に戻れたと
か。それもミックスになっていた5段の宮を直登して。もはや無敵コンビだね。

2時間も歩いたけど曇っていたせいもあってか、あまり気の晴れない散歩だった。

(15日夕方から5泊8日世界1周の旅に行ってきます。連絡取れませんがまだ入院じゃありませんので。)


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年3月10日 
一喜一憂

凍傷になって早ひと月。

最初の1週はたかをくくっていた。2,3週目は精神状態ドン底で体重2.5キロ減、体脂肪率はついに9.5%。
そんな時に、即切断と診断された4度の凍傷を保存治療し秋には山に復帰したという日本山岳会医療部会の
詳細な報告をある人が激励に送ってくれた。随分救われました。

そしたら先週末は恐れていた細菌感染。折角乾燥壊死に持ち込めそうだったのに、これで腐って切断かという
恐怖の1週間。ストレスに耐え切れず、馴染みの店に無理言ってタバコから隔離してもらってヤケ酒。

今日の診察で包帯をとってみると細菌感染は幸い大事に至ることなく治まりかけてきた様子。今日の治療は患
部の薬浴と包帯の交換だけだった。飲み続けてきた血管を広げる薬と、先週出た抗生物質はもう飲まなくてい
いとのこと。 
でも少し余ってるからまだ続けちゃお。

「こりゃ、だいじょぶかもしれんね」
先生のつぶやきに頭の中が渦巻きます。

「切らなくて大丈夫」?
それとも「腐らなかったので今生きてる部分は大丈夫」?
それとも単に「水曜からの出張大丈夫」?

いったいなに???



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年3月3日 
そんな、ご無体な
(凍傷その後)

2月11日の八ヶ岳で受けた凍傷、最悪は薬指の第2関節から先切断、そしてどこかの肉と足の爪を移植して再
建すると聞かされて毎日暗い日々が続いていた。頼みは血管を拡張する2種の内服薬の効き目と自分の再生能
力だけ。

再生能力アップのためにはとにかく血の巡りをよくしようと考えて、上下長袖の下着を着て寝る時も手袋、そして
毎晩湯船に30分くらい浸かって全身を十分暖めた。もう患部を湯に入れても構わないとも言われていたが、万が
一の感染症を避けるためにそれもしなかった。
滋養と安静に心がけ、今まで23時過ぎまでやっていた仕事も19時か遅くも20時には終わりにしている。
憂さ晴らしになにか旨い肴でもつまみに行きたいところだけど、受動喫煙を避けるためにそれもやめている。

その甲斐あってか爪の先3/4を除いてどうやら死なずに済んだらしい。
今日の診察で先生からそうお話を頂いた。
ただし、ひどい水泡を起こした部分に嫌気性の細菌がついに感染してしまった。
あ〜、ここから先の治療は書けん。

せ、先生、そ、そんなご無体な・・・
冷静に考えれば大したことしてないし、ちっとも痛くななかったんだけど見た目が・・・。

先生     「Sさん、来週はご自分で包帯取り替えられますか?」
私       「・・・・・・・・・・・・」
看護婦さん 「先生、この人無理ですよ。今だってこんなに震えてるんだから」
私       「・・・・・・・・・・・・」


死んでしまった部分をどう処理するかは今後セカンドオピニオンも貰ってじっくり考えなきゃ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年2月19日-2 
けなげ

去年の春株分けしたシンビジューム、今年は無理だと思っていたが母親の丹精か、けなげに1枝だけ花をつけた。
あんな手荒にされたのにさすが自然のちから。 家内の手で置き場所が格上げになった。

 


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年2月19日 
おせっかい

私時々ここでブルース、ブルースって騒いでるけど馴染みの少ない人の方が多いはず。
大御所の演奏ををただで見ることが出来るサイトを教えてもらった。
是非1度見て! 特にギターが好きな方には面白いかも。

30年代にデビュー,40年代に活躍したSon Houseです。映像は60年代の再発見後と思われますが、演奏が終わ
った後の表情から当時の黒人の置かれた立場を想像するのは私だけでしょうか。

ちなみにこの方の左手薬指は凍傷ではありません。あぁ、考えたくない・・・

http://www.youtube.com/watch?v=ODEberbcfTw&search=robert%20johnson

  今月の2枚。
    
  1940年代の作品集     1946年か7年の録音


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年2月5日 
お茶とフェラーリ

お茶にウンチクはないけれど、もう10年近く決まった静岡のお茶問屋から取り寄せをしてる。税、送料抜きで
100g1500円。朝の数杯、至福の時間。

大衆車が大体100g100円(1.5トン150万円)、考えようによっちゃフェラーリ(2トン3000万円?⇒
100g1500円)くらい高いお茶だなと思っていたけど、世間じゃもっと高いお茶が一般的だった。

コンビニのペットボトルのお茶、500ccで147円也。
私のお茶っ葉が1500円ったって、それに較べりゃ半額?

お金は使いようだと改めて知った次第。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月31日 
男の美学は・・・

風邪で1日床の中。
つけっぱなしのTVで見るとはなしに見たジャイアンツの高橋選手の結婚発表記者会見。
綺麗なフィアンセと並んでカメラに収まり、「私たち結婚します」って・・・。

若い門出の二人なら微笑ましいけど、30歳それも既に超1流のスポーツ選手でヒーロー。
私にはえらくカッコ悪く思えたな、大の大人の結婚宣言。

・・・そうか有名税か、球団にやらされたに違いない。
そうであって欲しいと思った一幕だった。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月29日 
賑わいの仙元山

      仙元山から望む縦走路と下里の田園風景


午前中、スキを見て気晴らしの散歩。

仙元山の麓を回り込む槻川沿いの町道を行きかう派手なロード軍団、下里登山口から登った遊歩道には10人
ほどのMTB軍団。山頂直下の急坂を登れる人、登れない人、ワイワイ楽しそうだ。

山頂では中高年登山隊の皆さんが大勢休憩。嵐山へ続く縦走路には私みたいな近所のお散歩erやハイカーは
言うまでもなく、先ほどとは別なMTBライダー、パラグライダー乗り、バードウォッチャー、なんとモトクロッサー、
果てはハンターまでお出ましになるという賑わいだった。

上空ではノスリが悠々飛翔、すると尾が短くて付け根が白っぽい別なタカがどこからともなく現れてそのノスリを
威嚇。槻川では子ガモが親に連れられ泳ぎの練習、ダイサギは長いくちばしでのんびり採餌。

家から15分でこんな環境。少し気分がなおった気がした。

    
 陽だまりの小径          ヤマセミ???         ガンバレ、ガンバレ
    


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月28日 
I(アイ)にエール

   

インパクトの大きさや華麗さという点では同列にしていいか疑問は残るが、久々に欲しいと思う車だ。
Smartの後出しじゃんけんと言われるかもしれないけどこれは別物!  やったね!三菱さん。

軽とは思えないほど広いとか、過給でパワーがあるとか、ワンボックスにしては静かとか、ホイールベースが長い
から挙動が安定してるとか、そんなのどうでもいいの。
つまらん日本車をホントにシフトするかも。

唯一の不満
いくら後車軸の前にエンジンがあるったって、これをミッドシップと言っちゃあいかんでしょう。
そんな事言わなくてもこのデザインだけで十分魅力的!

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月22日 
玉井屋@1月20日

   
実際はずっと上品で凝ったな造り             
             

入院した母親の見舞いで疲れたので家内と外食。運良く金曜だったので玉井屋(11月4日参照)へ。
久々に口にするウルカ、「ままけは」を乗せた寄せ豆腐、きびなごの炙り、風呂吹き大根などでいつもの晴雲辛
口のぬる燗をちびちびと。 美味いなぁ。

メインディッシュは家内が牛ローストで、私は牡蠣と葱のフライ。この牛ロースト、肉も味付けも絶品でした。
恵比寿2本とお酒3本とって最後に焼きおにぎり、これだけ食べて二人併せて6350円也。

湯煎で出てくる燗は5分ほど置いて       うるか(左) と 「ままけは」の乗った寄せ豆腐(右)
                

 
      絶品!牛ロースト          信じられないこのお値段!(もっとも量は極僅か)
   

ちなみに夜は金土のみ、昼は質量共に少々物足りないとかなので、車なしで夜行かれる地元民専用ですな。
へっへっへ、ゴメンネ、遠くの皆さん。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月21日 
日赤小川病院

先日母親が入院した。金、土と昼間付き添ってみて・・・病院って変わった。

患者の入院生活の質を大いに上げる入院設備、もちろんそれは経営状態で如何ともできることではある。傍目に
も忙しい看護士さんの患者に対するキメ細かな笑顔の対応、売店の店員さんや掃除の人達のお客さんが誰かを
よく意識した対応。みんな明るいし。
そうそう、病院のポリシーや患者の権利の説明も書面と口頭であったな。

肝心の先生は親身に話を聞いて時間を掛けて診てくれるし、症状や対応を事細かに分かりやすく説明してくれた。
もっとびっくりしたのは今日。土曜だから無いと思っていた検査が午前中にあっただけでなく、夕方には先生の回診、
更にはその場の指示で昨日に続く2度目のMRI撮影まで即座に実施。

撮影が終わったのは17時近かったので結果の説明は月曜だろうと思っていたら、ほどなく先生が来て撮影結果と
治療の説明。

病院全体が「ありたい姿、あるべき姿」を共有し「顧客満足度No,1」を目指して行動している。
ウチの会社負けたな、完全に。

いずれ全ての病院がこうなるんでしょう。

ところで、最初に救急車で運ばれた
日赤小川病院
先生「骨折ありませんねぇ、今ベッドが塞がっていて入院させられないんで
帰ってください。
家内「えっ、・・・」
先生
「無い袖振れないから。どうせ入院しても安静にしてるだけだし
家内「でも全然起き上がれないのに・・・」
看護士
「這ってでも帰ってもらわないと

全く起き上がれない患者を帰すのに誰も手伝ってもくれなかったそうです。 
この話を近所でしたら、いろんな話が出てきた。 書けないのが残念至極。
埼玉県比企郡小川町の日赤小川病院です。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________

2006年1月17日 
優柔不断

出張帰りで早めの帰宅。
酒も飲めないことだしたまには早く寝ようかと思い始めた23時頃、会社の山岳部のメンバーから飲みに行こうと
の誘いの電話。
昨年から誘われていた小窓尾根、そろそろちゃんと断らなくちゃと心に誓って出掛けたが、飲んでしまえば気が大
きくなって・・・。

結局、二月は三週連続でトレーニングに八ヶ岳へクライミングに行くことになってしまった。
小窓尾根、体力的にも技術的にも私にゃきつすぎだなぁ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月16日 
那須野が原温泉 ホテルアオキ



栃木県大田原市街にあるホテルアオキ。何年も前、まだ山が趣味でない頃に行ったこの温泉が素晴らしかった
記憶がある。あれから7,8年、いくらか温泉経験を積んだ今でもそう思えるのだろうかと行ってみた。

いやぁ、良かった。単純アルカリ泉ながら少し肌にヌルつく熱めの湯は、掛け流しはもちろんとして加水も加熱も
一切なし。
こういう全く加工していない湯の掛け流しを「源泉100%掛け流し」といって、全国に30だか40だかしかない
貴重な温泉だと温泉博士が翌日のクイズ番組でのたまっていた。

白濁した硫黄泉が好きで単純泉じゃ物足りない私だけどここのお湯は別格!

内湯は円形ローマ風呂とジェット気泡風呂にサウナ、それに広い露天風呂。もちろん飲泉可。
サウナも好きだけどここじゃそんなものに入っていたらもったいないので、ひたすらローマ風呂と露天風呂を満喫
してきた。

入浴料600円(17時以降500円)、シャンプー、ボディシャンプーあり。

同じく大田原の与一温泉も知る人ぞ知る隠れた名湯だそうである。次回トライ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________

2006年1月13日 ♪♪ 日曜日は市場へ出かけ〜

9日(月)エアロバイク  30min     24:15帰宅、晩酌不要
10日(火)チャリ通勤   16km×2   24:50帰宅、晩酌不要
11日(水)チャリ通勤    16km×2   18:50帰宅、晩酌我慢 「ロストキャニオン」
12日(木)チャリ通勤   16km×2   24:00帰宅、晩酌不要
13日(金)エアロバイク  40min     22:45帰宅、晩酌我慢


月曜日
エアロバイクを始めた。実車よりも効率的に汗を流せるし、何より数値管理できるのが楽しい。はまりそうだけど、
私が使い始める23時過ぎには省エネの名目でTVが消されていて退屈なのが難点。
本日20分@100W+10分@150W

火曜日
先月初めに歯磨き中に昏倒、風呂場に頭を突っ込んで倒れているところを家族に発見された。外傷は突き指と
額のたんこぶだけだったけど、脳梗塞の予兆だったら怖いので受けておいた脳の検査結果が出た。
何十枚も入念に撮ってくれたMRI画像には幸い何ら異常なし。ちょっと疲れが溜まっていたのかな。
なにはともあれ一安心。
24時近くになったこの日の退社時は気温がマイナス5℃まで低下。普段はこぎ始めて15分ほどで治まる指先の
痛みが帰宅直前まで続き、あまりの痛みに頭の芯までが痛かった。

水曜日
18時退社。駅東口の色香やB級グルメが一瞬脳裏をよぎったが、吹っ切ってロスキャニ
左に突き指、右に五十肩を抱えているので4級にこそ手を出さなかったものの、今まで落とせず残っていた5級の
課題3本を一挙クリア。
3本とも足の使い方が間違っていた。やっぱりクライミングは足だ。

とか言いながら、前回6手まで行けた別な5級は今回4手でフォール!!
若者たちが1級前後の難度の高い課題をワイワイと楽しそうにやっている脇で、50を過ぎたオヤジが独り黙々と
下手なボルダリングをやるのは今まで相当気が重かったんだけど、なんだかそれもふっきれた。

木曜日
出勤時、練習帰りらしきユニフォーム姿のロード軍団と遭遇。ハイギアでゆっくりゆっくり流す彼らに恥ずかしなが
らレシオを合わせて走ってみたが、私にはトルクが大きすぎて長くは付いていけなかった。たまに見るけど宇都宮
競輪関係者?

午後、架空の社員を名乗って会社の内部を探ろうとする通称「怪電話」あり。シロート相手に怒って電話を切って
しまったプロのキミ、しっかりしなよ。他人事ながら情けないぞ。 ま、どこの世界もか・・・

金曜日
世はすべて事もなし。
20分@150W+12分@120W+8分@100W以下 

今週はついに5日連続DRY DAY達成!
明日は法事、来週は月、水、土と新年会なので ♪♪飲める、飲める、飲めるぞ〜、酒が飲めるぞ〜



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月8日 
野良犬だって!?

クロマグロに2200万円の高値が付いたそうな。で、ネットにある「あなたのお値段鑑定します」ってサイトで私の
値段を鑑定してもらった。 

その結果、私の値段はたった2868万9970円! これって年収じゃなくて人間の一生の価値だからね。
で、所属階級は「松坂牛級」とか。普通は社長級とか社会での位置づけが出るらしいのに、人間以下なんだって。

それだけじゃなくて、その内訳がヒドイ。 酷い、非道すぎる!
才能、境遇、人徳は全て0円、つまり価値なしね。心が約1100万円、運が残りの約1770万円。「この運さえあれ
ば大部分の人生は乗り切れるでしょう」だってさ。運だけかい、オレの人生。

んで、鑑定結果全文をコピーしとこうと、もう1回やってみた。
おんなじに解答したつもりなのにどこか微妙に違ったのか、才能、境遇、人徳の0円は変わってないのに心の価値
が640万8740円に値下がりしたうえ、頼りの運まで0円になっちゃった。
640万円だよ、640万円、オレの一生の価値。価値総額640万8740円の階級は「野良犬級」だって。

その後は何度やっても同じ事。
家内が言うには「最初の鑑定で運を使い果たしちゃったんでしょ」だって。座布団1枚上げてやってくれ!

面白いからその鑑定結果見てね! (ブラウザのBackで戻ってください)
ちなみに9千万円台の方は銀行頭取級、1億円台の方には人間国宝級が付いていたそうです。
640万は野良犬だからね、野良犬。

野良犬以下の方いたら掲示板に出てきて私の優越感くすぐってね。劣等感に塩摺り込むのは厳禁だからね。



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月5日 
イレブン、道遠し?

今日は聖人岩でも行く予定だったが、寒さに日和ってPUMP1号店へ。

垂壁5.7、100度壁5.9でアップの後、年末に不本意にも撃沈された100度壁10a(紺斜めバー)へ。もちろん難
なくRP。前回なんで登れなかったんだろ?ってくらい簡単。

その後は10bや10cとかだと登れなかった時空しいので、ダメ元のイレブンチャレンジ。 100度壁11a(水色四角
)は核心部の黄色デカホールドを取りに右手を伸ばしていく時に、12月初めに酔って倒れた時に痛めた左中指と
薬指が耐えられず撃沈。その後の2回のトライも同じ所で撃沈。
指さえ治っていれば・・・などと情けない言い訳。

次に奥壁のお買い得11aに向かったときは既にパンプしてしまっていて抵抗するまでもなく撃沈。 その後砦壁の
簡単な10aオンサイト,クールダウンに垂壁5.8をやって本日終了。

もう1,2回通えば元のレベルに戻れるかな?


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月3日 
リアフォグ

今日は山仲間と川場スキー場でゲレンデスキー。
この時期の朝6時の関越道は未だ真っ暗。 で、いるんだよねぇ。霧も出てないのに得意げにリアフォグ点灯して
走ってる車。以前は高級欧州車が多かったけど最近は高級国産車にも付くようになってきたらしい。
今日のはSUVのクラウンとか言われてるヤツ。 本人は勝手にRX400とか呼んでるんだろうなぁ。

そもそも日本と違ってフランスなんかじゃ前が全く見えない濃霧でも高速道路は通行止めにしない。走るも走
らないも本人の選択と責任。そういう環境だからリアフォグが必要だし、逆に濃霧以外での点灯は禁止。
日本じゃそんな霧なら通行止めにせざるを得ないからそもそもリアフォグ不要。

「たしなみ」とか「人様の迷惑」とかいう言葉が死語になってしまった今だし、お正月だから書いちゃお。

まさにね、「こじきが馬買ったってぇのはこのことだ」って言うの、そういうの。


ねぇ、そうなんだよ、ホントにカッコ悪いんだよ。
知らないかもしれないけど、後指差されてるんだよ。


___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月2日 
やっぱりね

今日は朝から軽井沢のアウトレットモールへお買い物。目当てはNorth FaceやPhenixの登山ウェア。
North Faceの雨具¥33kが22kとかアウトラストの下着5.5kが4kと随分安くなってたけど、今は間に合って
るのが残念。

末端冷え性のために毎年雪山シーズンが終わるまで指先の痺れがとれない。毎年いろいろなグローブを試して
きたけどいずれも帯、襷。
昨年までは冬季登攀用も兼ねて5本指を使っていたけど、今年は縦走限定にして羽毛のミトンを物色。
厚手ゴア+羽毛のシステムグローブはゴワゴワしててピッケルの握り感に難あり。ナイロン+羽毛は握り感はい
いけど当然1泊以上のの雪山にゃ不安ありすぎ。

悩みに悩んでナイロン+羽毛にしちゃったけど、薄手のゴアのアウターミトンも追加で買わにゃならんだろうな
ぁ。 ICIの新春割引くじに期待!

高速代ケチった往復の車中で昨日借りたBB KINGの2枚を聞き続けたけど、やっぱりね・・・



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2006年1月1日 
「急がないで!」だってぇ?

今日は映画が1000円の日なのでH
arry Potterと炎のゴブレットを見てきた。

あのホグワース魔法学校が建つ荒涼とした岩山とその前に水をたたえる神秘的な湖の映像を
もう一度見たくて。前作でPotterが変な動物に掴って湖と魔法学校の上を飛んだときは感激
だった。恥ずかしいけど、子供に還って一緒に空を飛んでる気分になっていた。
今回もストーリーには惹かれなかったけど、あの映像は期待通りだった。

スコットランドの湖水地方? いつか必ず行く!

帰路TSUTAYAで Riding with the King−BB KING & ERIC CLAPTON と BB KING Greatest Hitsを借りた。
昔凝り固まっていた頃はちょっと違うなと思っていたBB KINGだけど、聞きなおして気に入ったら買っちゃお。

ホントに「Don't hurry!」かい??

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年12月30日 
ブルース熱再燃

30年以上前、大学生だった頃に凝ったブルースレコードがCDとして再発売されていて、ネットで買えることを10月
に知ってブルース熱が再燃。

以来立て続けにMuddy Waters 5枚、Son House 2枚、RCAブルースの古典、Robert Johnson、ブルースハープ
集、Bessie Smithを購入。

いい時代だなぁ・・・

Amazonの3000円利用券欲しさにAme'xカードにまで入会してしまった。

                  
一番好きなMuddy Watersの5枚
    

 ← は Mike Bloomfield や Paul Butterfieldとの共演。

          
Son House
 

RCAブルースの古典  Robert Johnson  Blues Harp集    Bessie Smith        
   



___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年12月29日 
イカ釣り船

今日は宇都宮のボルダリングジム「ロストキャニオン」でレベルアップ講習の予約をしていたが、一昨日母親の
入院騒ぎで埼玉へ呼び戻されたため受講キャンセル。幸い入院騒動も空振りして今日は暇になったので午後
からPUMPへ行った。昨年はあんなに通ったのに今年はまだ数回目かな。

9月に行った時は10cまでは楽チンでオンサイトできていたので余裕をかましていたら・・・。

垂壁5.9オンサイト、100度壁10a(ピンク四角)2撃、垂壁10a(色忘れた)オンサイト、スラブ壁5.9(右端)
オンサイト、スラブ壁10a(深緑)轟沈、100度壁10a(緑十字)轟沈、100度壁10a(紺バー)轟沈。

いやぁ、4ランクの後退だった。
宮脇さんが11d、熊谷さんは11c、339°さんと7級ボルダラさんが11aにトライする中、私だけ10a轟沈だも
んなぁ。昔熊谷山旅会にいて久々に再会したT嬢もバシバシ難しいところ登ってたしなぁ。

これから週一はロスキャニ通いするぞ〜!

閑話休題
先日7級ボルダラさんが戦艦の端っこの11bを登ったらしい。でも誰か言ってたな。
「あそこって戦艦かぁ?、
イカ釣り船じゃん?」


※PUMP1号店にあるスラブ壁、垂壁、ララポート、・・・などさまざまな壁の中でも最もオーバー
ハングがきつく高さも高い最難の壁が「戦艦」。不沈戦艦が語源か?
私など触ったことすらないのでよくわからないが同じ11bでも戦艦の11bは格が違うらしい。
(もちろんイカ釣り船なんていう壁は存在しません。)




___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年12月18日 
ストップ高

先週ちょっとした相談事があって会社の診療所に行った。
入社以来の検診の記録を眺めていた先生が「何、これ?」

実はこの10年以上肝機能や中性脂肪が乱高下。検診結果で叱られる度に反省して節酒やカロリー制限して元
へ戻すということを繰り返してきたし、それがすぐに出来ることが少し自慢でもあった。

しかし先生が言うには私はそろそろ元へ戻せる年齢を過ぎかかっているとのこと。根掘り葉掘りほじくり出された
私の酒量をこのまま続けるとあと3年経ったら元に戻らなくなると脅された。
タバコをすわず、運動を続けているからこの程度で済んでいるとも言ってたな。

「今日から晩酌は一切やめて下さい。飲み会とか正月とかの
チャンスドリンクはいいから。」

健康のためなら死んでもいいという類の私としては
「へへー、分かりましたー」と平身低頭、即答してしまった。

せめてこいつらの在庫処分が終わってからにするか? 今晩何十年ぶりかのドライサンデーを過ごしました。

___________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年12月10日 
チャリ通勤 その後

その後もチャリ通勤が続いている。出張やら何やらで週に5日全て出社するわけではないので最多で週4日。
家を出るのが朝9時過ぎ、帰りは会社の門を出るのが23時半過ぎになるので他のチャリツーキニストと競合す
ることは少ない。

しかし、定時に帰宅する日はある種壮観とすら言える。ロードレーサーやMTBに乗った若い人たちが互いに抜き
つ抜かれつすごい勢いで車道を走り抜けていく。
どの居住圏からも10〜20kmの距離にある会社へ、それも寒くなったこの時期まだしつこくチャリ通勤してる
人には何らかのスポーツにのめりこんでいる足自慢が多いのかな。

だからそんな奴らが乗ったMTBに抜かれるのは仕方ないとしても、前かごにラケット入れたテニスおばさんの
立ち漕ぎママチャリに抜かされたのはショッ〜〜ク!!

     この機能美に恍惚・・・           そしてそこには軽量化の為の肉抜きが
           

   これまで活躍してくれたMTBルック車             タイヤの違い
      


 

____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年11月20日 
チャリ通勤

    
SIRRUS A1 2006年モデル (Specialized社)


宇都宮近郊の通勤渋滞の脇をカッコいいスポーツ自転車で颯爽と通り去っていくチャリ・ツーキニスト達。
秋の陽を受けてキラキラ輝く鬼怒川を眺めながらのチャリ通勤はさぞ気持ちがいいだろうな。
つられて私もトレーニングを兼ねて自転車通勤することにした。チーム・マイナス6%もちょっぴり意識して。

まずは手持ちのMTBルック車(「不整地は走らないでください」っていうホームセンターMTB)で試してみたら、
16kmで50分、遠からず、近からず、軽く汗をかくほどよい距離だった。

けれど自転車の速度っていうのはタイヤの幅に反比例。ヘルメットをかぶってカッコ良く颯爽と走っているつもり
なのに38mmという太いタイヤを履いた私のチャリは、だらしない格好でママチャリに乗っている高校生に時に
追い抜かれてしまうことがある。

それはなかろう、あんまりだ。

自転車の世界にはMTB、ロードレーサーを左右両翼とすると中道勢力としてクロスバイク、更にはロードレーサ
ー寄りの中道左派としてフラットバーバイクというのがあるそうだ。
クロスバイクやフラットバーバイクはそのどっちつかずの性格からマニアからは相手にされないそうだけど、
MTBより速くてロードレーサーほど神経質ではないので通勤には最適。

どっちにするか散々迷ったが打倒高校生の当初目的を完遂するためフラットバーバイクに決定!
写真はスペシャライズド社のフラットバーバイク SirrusA1 2006年モデル、自慢のカラーは2006年の新色
である。アラミド繊維の700c28mmタイヤを履き、シマノ製24段ギヤを備える通勤快速。

2輪のことなど眼中にない土地柄、安全対策としてヘルメット、キャットアイ製大光量白色LED前照灯HL-
EL510、白色LED点滅灯、赤色LED10灯がランダムに点滅可能な4モードテールライト、極め付けとして
黄色反射テープに16個の点滅式赤色LEDを埋め込んだ工事用安全ベストを購入した。

さあ、明日から快適通勤。


HL-EL510と点滅ライト  4モードテールライト   チャリ用ヘルメット    赤色LED点滅工事ベスト
   



____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年11月5日 
小さな秋を探して

久々の快晴に誘われて午前中町内ハイキングに行った。小川町から武蔵嵐山に尾根でつらなる仙元山、
大日山、物見山を往復。

自宅の近所ではシジュウカラとアカゲラ、下里の田園ではモズの高鳴き、山の中ではカケスの群れ、と夏の
間余り姿を見せなかった小鳥達の動きが盛ん。大日山付近で「月、日、星、ホイホイホイ」と聞こえないこと
もない鳴き声(そうならサンコウチョウ)が聞こえたがまさかね。あれは夏鳥だ。
帰路近所の日当りのよい畑ではオスのキジ。

槻川のヤマベは最近遠征してくる鵜に食われちゃってちっとも釣れないとおじさんが嘆いていた。
ヤマベが居なくなるとカワセミも居なくなっちゃうのかな、鵜憎し!

仙元山上空を飛翔する2羽のタカ   槻川を群泳する大きな鯉たち
     (写真クリック)            (写真クリック)
     

 
キジが遊んでいた畑             色づくカラスウリ ↓
   


  

仙元山で未だツクツク法師が鳴いていました。



____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年11月4日 
郷土の誇り

都会を嫌い自然を求めて流れ流れ、10何年か前に埼玉のはずれのこの地に住み着いた。以来朝な夕な
の小鳥の囀りや野生動物との邂逅に大満足の日々を過ごしていたが、唯一気に入らないのが酒の肴の
旨い料理屋がなかったこと。
悔しいことに、7年も単身赴任で遊びまわっているのになぜかあまり好きになれない宇都宮の敵じゃない。

もっとも人口3万人の凋落田舎町じゃ当たり前。


それが先週家内に誘われて行った地元の料理屋(というか造りは割烹)には驚いた。。
もともと地元の有名な造り酒屋の何代目かが始めたというその店は、観光客相手だと思ってのだけれど、
いやはや、びっくり。

ばくらい(アカホヤとコノワタの和え物)、この夏有機米作に活躍
したKさんの家の合鴨のロースト、蝦夷馬糞雲丹、あれやこれ、・・・・。
ひなまれってこのことかって・・・。

造り酒屋なんだから酒は不味かろうはずがない。熱燗は何て言えば
いいんだろう?ワインクーラーの逆みたいに湯煎で出てくるから熱く
ならず、と言って冷めもせず。

なによりびっくりは、安い!!!! 二人で食べたいもの食べて飲み
たいもの飲んで8千円弱!!

今日4日は家内が旅行に行ってしまったので取り残されてしまった母子二人、小さな肩を寄せ合って行って
きた。 利尻粒雲丹、無菌豚の青雲漬け(豚の粕漬け:造り酒屋だから)、秋鯖の黒糖干し、小蕪・里芋・南京
の田楽、やわ干しいりこ葱・・・、

あ〜、人間やめられん。
それでエビス1本と熱燗6,7本で二人併せて6000円しないんだから。

玉井屋:Strongly recommended. 
青雲酒造内(小川町駅からR254に向かって15分程度) 酒、料理だけでなく家の造りの雰囲気も味わってね。


ただし、おなか一杯したい人には不向き、あくまで酒と旨い酒肴。
昼は水曜以外の11時から17時、夜は金、土のみ。(平日夜も予約可)
店の人に断ればP泊可のようです。「その価値あり!」



____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年10月26日 
静筋を鍛えよ!

ゴルフが好きな人ならご存知でしょうか、このフレーズ。
宮里藍ちゃんのお父さんの宮里優さんの講演会に行ってきました。てっきりそういう筋肉があるのかと勘違い
して参加したのだが、実は精神力のこと。ゴルフにはいかに精神力が必要なのかということを終始強調して
おられた。

テニスが趣味だった頃ホントにメンタルが弱くて何度も悔しい思いを味わった。自分との戦いのゴルフはその何
倍もメンタルが大事かと思っていたんだけど、大半がゴルファーらしい聴衆は意外にも「そういうものか」という
程度の反応だった。

3兄妹をプロにした父親がいかに彼らの静筋を造り上げてきたのかという話は一聴の価値がありました。
あの3兄妹の今の姿があるのはゴルフ一筋でなかったからという持論。世界ジュニアに出た時の藍ちゃんは
バスケット部だったそうだし、3人とも弁論大会出場者とか。あるべき理想とそこへ向かう道筋と家族のあり
方がちゃんと人生観として描けているからちっとも自慢話にならない。

沖縄一幸せな父親は世界一幸せな父親を目指すそうです。すっかりファンになってしまいました。


静筋を鍛えるため、そして一流のプロとして在るための要件として3A、すなわちアスレチック、アカデミー、
アートが必要不可欠というお話、ゴルフに限らずホントはどこの世界でもそうなんでしょうね。




____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年10月16日(2) 
酒と女とブルースと・・・

  生涯全作品収録

今日TSUTAYAにCD漁りに行ってビックリ、なんとコミック特集のコーナーにRobert
Johnsonの2枚組みアルバムを発見!!

Robert Johnsonというのは1930年代の数年間に29曲だけ録音して28か9歳の
若さででこの世を去った幻のブルースシンガー。後にエリッククラプトンなど多くの
大物ロッカーが彼のアルバムのライナーノーツを書いているほど信奉されている。
ちなみにエリッククラプトンがフィルモア・イーストで演奏したクロスロードも彼の作品。


なんでそんな人のアルバムがコミックコーナーにあるのか尋ねてみたら、彼の生涯がコミックになって人気を
博したそうな。へ〜
酒と女と多分麻薬にもにおぼれた挙句、酒場のオヤジの女房にまで手を出してライブの休憩中にそのオヤジ
のだした酒で毒殺された天才ブルースシンガーはコミック種には恰好か。
読みたくないけど。

しかし、こんなレア物がCDになっているということは・・・
ネットで調べたらブルースのアルバムはアメリカでいくらでもCD化されていて、それも人気がないせいか1枚
1500円以下、下手すりゃ800円台。

早速Muddy Watersの代表作2枚を発注。



____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年10月16日 
フィルモアの奇蹟

下の書き込みでフィルモアの奇蹟をけなしたら、デトロイト空港で飛行機待ち
のきぃぼぉさんから異議あり!の声が届いた。

で、ほこりをかぶったままのレコードを引っ張り出してきて改めて内容を調べて
みると、なるほどマイク・ブルームフィールドが参加している曲には良いのが入っ
ていましたね。カルロスサンタナが参加しているSony Boy Whillamsonや、
アル・クーパーが歌うDear Mr. Fantasyのイメージが記憶にあって駄作などと
書いてしまいました。訂正、訂正。

Super SessionのマイクブルームフィールドがCoolなら、フィルモアの奇蹟での彼はきぃぼぉさんの言うよう
に鬼気迫るギターを聴かせています。 きぃぼぉさん、帰ってきたらCD貸してね。

それと、保険の約款みたいなライナーノーツにGreen Onionsの作曲者がブッカー・Tと書かれていまし
たが、これは間違え。←きぃぼぉさん、さすがに知らんでしょ。私も昨晩気付いた。
確かにヒットさせたのは彼のMG'sですが、私の1920年代〜50年代のミシシッピーデルタやChicago 
Bluesのコレクションの中にそっくりな原曲(多分)があります。 
埋もれて探すの大変だし見つけても、レコード聴けないのが残念。



____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年10月15日 
Super Session

1968年にリリースされたロックの傑作アルバム「Super Session」。

Paul Butterfield Blues Bandを脱退したマイク・ブルームフィールド(ギター)とあの
BS&Tを脱けたアル・クーパー(キーボード)とCSN&Yのスティーブ・スティルス(ギター)
のセッション。
当時高校1年生だった私はこのアルバムでセッションという言葉を知った。

今聴いても全く古さを感じない最高傑作。
レコードプレーヤーが壊れて聴けなくなっていたが、Amazonの通販でCDを買って久々に聴いた。

も〜、最高!!!

ちなみにこのアルバムの成功に味をしめてその後出した「フィルモアの奇蹟」はエルビン・ビショップの
1曲(曲名忘れた)を除いて駄作だったような。



____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年10月9日 
2ヶ月振りのパンプ

この3連休は小川山でのBBQとクライミングを楽しみにしていたのに・・・。
F1は相変わらず勝てないし、いいことないなぁ。

気晴らしに2ヶ月振りにPUMPへ行った。100度壁はリニューアルしていてお買い得のイレブンはなくな
っちゃった。でも言い換えれば刷新された壁はどこでも登れさえすればオンサイト。
順調に10cまではいった。で軽い気持ちで登った10dは残り1/3でテンション。

まっ、いいか。ちょっと気にかかることがあってこの2日間気分が晴れなかったのだけれど、会長と宮脇
さんの軽妙な会話で元気になれましたよ。アリガト!!! また来週ね。



_____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年10月8日 
敗軍の将、兵を語らず

ご存知堀内監督の辞任記者会見での言ですが、なんか違和感あるなぁ。
この言葉、配下の兵の働きが悪くて負けた将軍がそれを言い訳に使わなかったことを褒める言葉かと
思っていました。
「あの人はまさに『敗軍の将、兵を語らず”』だったよね。さすが。」って使うのかと・・・

敗軍の将が自ら「敗軍の将、兵を語らずです。」って言うのを聞いて、
あれ?それじゃ選手の働きが悪かったからって言ってることになっちゃうんじゃないの?
って思ったのは私の諺の理解不足?

確かにテレビでは「敗軍の将は戦いについてとやかく言う資格はない」という意味だと解説してましたが、
ホント・・・?



_____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年9月28日 
お国のため?

4月から懸案になっていたことがようやく片付き、めでたく手打ち式と相成った。
相手は元々はフランスの大手有名自動車部品メーカーで、今は買収されて米国の巨大部品メーカー
の1デビジョン。つまりアメリカ籍のフランス企業。

しかしやって来たメンバーはと言えば、イタリア系アメリカ人、イギリス人、オランダ人、ドイツ人、
日本人という多国籍軍。つまりアメリカ籍のフランス企業なのにアメリカ人は僅かに1人、フランス人
に至ってはゼロであとは外人ばかり。
(今回は来なかったけれど中国人のボードメンバーが加われば、あら懐かしいABCD包囲陣!)

もう一つ抱えている仕事の相手も米国の、それも半官半民の研究所なのにプロジェクトメンバーは
日本人のリーダーとインド人と二人の中国人で、アメリカ人は会計担当役員の1人だけ。

グローバルと言えば聞こえはいいが、いずれも結果的には一握りのアメリカ人トップの下、世界中の
才能がアメリカ合衆国に利益をもたらしている構図。

自分の才能を最も高く買ってくれる場を求めて国外へ飛び出し、そこで生活をしてそこで働き、
結果的にその国に貢献する。
そういうボーダレス社会の現実を実感しつつ、それが出来る才能がうらやましくもあり、それでいい
のかしらと考えさせられたワンシーンです。


右手前から在日オランダ人、日本人、ドイツ人、日本人4人、イギリス
人、イタリア系アメリカ人










_____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年9月25日 
ビーコン

冬が近づいてきたのでAir Waveにビーコンを付けました。我が家の方は雪崩が多いもんで。
なんて冗談ですが、アバランチビーコンじゃなくてVICS受信用の光ビーコン・電波ビーコン受信機。
これでリアルタイム渋滞回避のDRG(Dynamic Route Guidance)機能が使えます。
しかし、渋滞無縁の田舎に住んでて使う場面なんてあるのでしょうか?

【コンプレイン続き】
時計がないんですよ。Navi画面の小さな表示しか。年寄りには見えないんだよねぇ。
用品量販店で探したけど、帯たすきで今いちだなぁ。

カップホルダー使うとメガネ置場がなくなるのでチョークバッグをぶら下げました。
なんだかいろいろあって楽しいなぁ。



_____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年9月24日 
Impression 2

Air Waveの走行距離が530kmになった。この間高速道路を150km、自動車専用道路を60km、
残りはひどい渋滞を含む一般道で、一人乗車、AC常時ONの燃費は13.5kmと慣らし前としては満足
の値だった。

足回りは期待してなかったんだけど。今までアコードでアドレナリン出しながら曲がっていた中速タイト
コーナーが鼻歌混じりで曲がれちゃう。これはエアウェイブがいいんじゃなくて、アコードのブッシュ類
がへたり切っていたせいかもしれない。理由はともあれ大満足。

お遊びと思っていた7MTモードは燃費運転に使えるかも。7ATモードだと次の加速に備えて1段低い
ギアで走っていることが分かった。ただし、無段変速モードは当然ギヤ表示がないのでどっちがいいか
判別不可。慣らしがついて気温が安定した頃、それぞれで燃費計測するつもり。

今日の雨まで気付かなかったが、フロントウィンドウ(フロントガラスじゃなくて)が撥水ガラスに、サイド
ミラーが親水ミラーになっていた。これは隠れた安全装備。雨の高速でもサイドミラーの視界はバッチ
リだった。こりゃ全車適用すべき装備ですな。

不満は腰高なスタイリング、おっきすぎて格好悪いホイールアーチ、照明のないキーの差込口、コーナ
リングの時左足が踏ん張れるように乗せておくペダルってなんて言いましたっけ?あれがないこと、
ドアの取っ手がガングリップタイプでないこと、など。

ブレーキ性能は相変わらず試せませんが、ブレーキアシストなるものが付いているそうだ。



_____________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年9月19日-2 
正しい日本の秋は?

日中はまだまだ暑いが、陽が沈む頃にはすっかり虫の声に包まれる。

でもなんか変だ。子供の頃の秋の虫と言えばコウロギの物悲しい鳴き声だった。(クツワムシみた
いに騒々しいのもいたけれど。)子供心に夏の終わりを感じて寝つかれなくなった覚えがある。

しかし、もう10年以上も前からコウロギの声が聞こえない。そう、聞こえない。居なくなったわけ
じゃなくて聞こえない。

アオマツムシって言ったっけ?夕方から22時位まで生垣や木立でリーリーリーリーとやかましいアレ。
中国だかどっかから来てあっというまに勢力を広げた帰化生物らしい。セミも喧しいけどあれは古
来からの風物詩。
アオマツムシなんとかならんかな?

夜中になってようやくコウロギの声が聞かれます。



______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年9月19日-1 
Impression

Air Waveが今日納車になった。引き取り、お寺でのお祓い、買い物と約30km走った感想。

まずは広い!今まで乗っていたAccord(98MY)より広い車内に満足。車中泊も楽そう。
静粛性も大衆車としては十分合格点かな。

初めて意識して乗るCVTには違和感あり。オデッセイと違ってトルコンがないCVTなので走り始めの
数mが物足りないし、エンジンブレーキがMTのようによく利く。いずれも昔MTからATに乗り換えた
時と全く逆の感想。つまりは慣れの問題。
無段変速が売りのCVTに7速MTモード(パドルシフトと言ってハンドルの脇のボタンで変速)が付い
ているのはお遊び。雪道では使えるかな?

ブレーキ性能は当然未だ分からないけど、ポジションが左に寄り過ぎているのとリリース時に音が
するのが気になった。後者は今度ディーラーに診てもらわなきゃ。

ちなみにお願いしていたナンバー 5-11は手違いで付いてきませんでした。 ちぇっ。



______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年9月4日 
いやぁ、こまった、こまった

1週間ぶりの我が家。帰ってくると家内が「ホレ、彼女から手紙」って。
見れば再来週「愛の逃避行」と題して二人で奥穂・西穂に行く予定の丸の内OLからの封書。
中身は前に頼んでいた山の写真なんでなんにもやましいことはないんだけど、軽いジャブかな。

まぁ、こんなことで高校2年からの付き合いの二人の絆にひびが入るわきゃない!
けど、形勢不利だわな。

でも、最悪だったのはその直後。
携帯電話が鳴り出し、どうせ山の誘いだろうと画面を見ると何と発信元は
「**ママ」! (**は2文字の某中国大陸都市名)

週末の電話は困るって言ったのに!出るわけにもいかないし、出なきゃ不審だし。
いやぁ、こまった、こまった。 

ところで今日午後から行った聖人岩で、「愛の逃避行」にお邪魔虫が来ることになってしまった。
二人を邪魔する熊谷山旅会が送り込んだ刺客だな、ありゃ。
いやぁ、こまった、こまった。



______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年8月28日 
A long long vacation

8月7日に始まった夏休み、17,18,19日の半強制的有給休暇号令に便乗して結局21日まで計15日
間の長期休暇に相成った。
その上、休みの最終日の21日から昨日27日までは海外出張だったので明日の出社は実に3週間振り。
もう会社へ行く道を忘れてしまった。

この間7〜10日の剱岳とお茶飲みがてらのフリークライミングが2日だけであとは家でゴロゴロ。
昼間はビール、夕方からはウォッカに芋焼酎。
21日からの出張は宿泊したホテルの会議場で連日8時から17時まで缶詰の会議。夕食へ行くのも
タクシーか歩いてもせいぜい1,2ブロック。1週間で500mも歩いてないかも。
もちろん連夜のアルコール漬け。

さすがに我が身が心配になって今日体脂肪率計を購入。
なんと予想に反して
体脂肪率11.2%、内臓脂肪レベル4
(標準9以下)!!
6月以降夏休み前まで続けた禁欲生活の賜物か。

今、また安心して飲んでます。



______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年8月21日 
BBQ

姪っ子と久々のBBQと花火を楽しんだ。
カンカンに熾きた炭火で作ったカツオの土佐作り、大成功!
     



______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年8月19日 
物欲大魔王

大学時代磯釣り仲間だった西川から山の写真展開催の知らせが来た。
西川は長い東京暮らしに終止符を打ってこの春故郷の秋田に戻っていった。
わざわざ上京しての写真展、行かないわけにはいかない。

高山植物、雪山の光景などどれを見ても素人目にも素晴らしい出来合い。
重い撮影機材を担いでの山行は私とは無縁の世界だけれど、見ちゃうと
欲しいなぁ。
カメラを替えたからといってあんな写真が撮れるわけでないのは分かっているけど、1眼レフ欲しい・・・。
物要りついでにいっそ・・・、などど不埒な考えが頭をよぎる。



______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年8月17日 
オヤヂクライミング

今日は自宅近くの聖人岩でフリークライミング。参加者の深澤さんはペルー遠征帰りで体調不調、
宮脇さんは月曜日(定休日)以外5日間も連続してパンプに通いつめ。
私は昨日久々のパンプ詣でで、まだ回復せず。

そんな3人に成果があるわきゃなく、10時から15時までの5時間で2ルートしか登らなかった。
何してたかって? この歳になると木漏れ日の涼しい森の井戸端会議もまた佳きかな。



_______________________________________________________________________________________________________________________________________________
2005年8月16日 
イレブン見えたり!

10日に山から帰って1週間、山の記録を書いても2,3日で終わってしまうし退屈で死にそうだった。
余りの暑さに庭仕事もする気になれず、勢い昼間からビールや焼酎に手が出てしまう毎日。
だからパンプへの誘いに渡りに船と行ってきた。

今年2回目のパンプ。
6月に行ったときは10bにテンションが入ってしまう有様だったが、さて、今回は・・・

アップの垂壁5.8はもちろんOS。違和感なしなので次は100度壁黄色バッテンの10b。面倒なので
オブザベーションなしに適当に登ったが難なくOS。 お、悪くないじゃん。

で、次は同じく100度壁のお買い得11a(ピンク矢印)。生まれてはじめてのイレブンチャレンジ。
結果、レストが下手なのでテンション、テンションになってしまったがムーブ的に難しいところはなし。
その後1回半のトライで見えたり!

悩んでいた車の希望ナンバー、5-11にするつもり。



________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年8月14日 
CO2 6%削減の重み

今年の春、京都議定書がようやく批准された。95年比6%削減の目標値は2004年比で言えば確か13%
削減。そのくらいならやる気になれば出来るような気がしませんか?

でも13%削減するってことは、もし昨年と同じ生活をするならば、この1年のうち12ヶ月×0.13=1.56
ヶ月の間は日本人全員が息もオナラもしちゃいけないってこと。こりゃ大変なことですね。

我が家はただでさえ家族4人が3箇所に別れて住んでいる(別れざるを得ない)大量CO2排出世帯。
そのうえ私はしょっちゅう山に行って往復のガソリンを消費し、生活に不可避ではない山用品の購入で
余分なCO2を出している。

自分のやりたい事まで抑える気はないけれど、何か出来る範囲内のことしなきゃと批准の日以来宇都宮の
単身赴任先の9Fまでの昇り降りに階段を使ってます。もちろん酔って帰ってきた日や山道具の搬入出に
はエレベーター。

こうして夏休みに自宅にいると我が家の大量排出生活が気になるけれど、家族と角が立つのが怖くて
言えない気弱な私・・・



________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年8月13日 
AIR WAVE

7年15万キロメートル乗ったAccordのトランスミッションが不調になった。その前に乗っていたCivicは
20万キロを目前にしてクラッチが滑り始め涙を飲んだ。だから今回はクラッチが滑らないATを選んだ
のに本体が不調になるとは。どうもミッションオイルを交換しなかったのが祟ったようだ。

我が家の経済状態やら今後の節目での出費を考えると買い替えは贅沢なのであるが、いまここで修理
をしても次の車検や今後増えるだろう故障の可能性を考えると必ずしも得策とはいえそうもない。

そう家内をだまくらかして買い替えが決定。要件は
1.4WD
2.体を伸ばして車内泊が可能。
3.ひらり、ひらりと身軽なこと。(つまりMin Van,SUV はNG)

エッチな車でこの条件に合致するのはAccord WGN, Air Wave, Fit Aria, SM-Xくらいしかないことに
なる。現行Accord WGNは華がないけど結構いい車。今年のGWの山行で富山を往復してその実力は十
分分かった。

Fit Ariaは格好が嫌い。SM-Xはもう古すぎる。 
エッチな車の購入にはいくばくかの特典があるのだが、4月に発売になったばかりのAIR WAVE はその対
象外。だから時差ぼけ4駆とHDD NAVIを驕ると結構な額になる。

もうAccord WGNしかないという結論になるのだが・・・。

しかし上に書いた1〜3の要件以外に我が家の特別要件のご予算というものがあって結局 Air Waveに
決まってしまった。
しかしなぁ、AIR WAVEっていうのはFITの派生機種だからAccordから見れば2ランクの車格落ち。
当たり前だけど乗ってみると慣れ親しんだAccordとは商品としての出来がやっぱり違う。
都落ちのようでちょっとせつなかった。

それに今まで日光いろは坂の登りで大排気量車と伍して競い、1度しか負けたことなかったけど
(Vs.Forester T/C)いっくらなんでも1.5Lじゃもう勝てないなぁ。う〜ん。


「もうおっきな車の時代じゃなくて、Team 6%への貢献だよ」ってことにしときます。

従業員販売がないお陰で何十年振りかの販売店との価格交渉をそれなりに楽しみました。
9月末納車だそうです。


________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年7月30日 
あ〜〜あ

先日夜遅く宇都宮からの帰宅途中のたんぼ道で突然派手な衣装の人が飛び出してきた。そう、警察官。
酔払い運転の検問かと鷹揚に窓を開けると、なんと29km/hのスピード違反だと。
あ〜あ、昭和57年5月から23年以上続いていた無事故無違反記録が途切れてしまった。

この間の走行距離はた間違えなく45万kmを越えているからたいした記録だったんだけどなぁ。
まぁ、考えてみれば最近は制限速度などはお構いなしに走っていたので、単に運がいいだけだったのは
間違えないんだけど。

それはそれとして23時少し前のたんぼ道でネズミ捕りやることの意味ってなんだっけぇ???
歩行者が横断歩道で待っていればそれが例え反対車線側でも必ず停車してるし、片側1車線の道を
ふさいでいる右折車には道を譲って渋滞緩和に気を使っているし、黄色信号は必ず止まるし、違法駐車
は絶対しないし・・・こんな優良運転手捕まえるなあ!!!

ちなみに警察官が言った事。
「29km/hって言っても機械に誤差があるから(免停の)30km/hは超えていたのかもしれませんね。」
いいんだっけ?そんな機械でとっ捕まえて!!!



________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年7月17日 
もう禁酒!

昨日、谷川岳烏帽子沢奥壁中央カンテ(長い!)にクライミングに行った。前夜一ノ倉沢出合の駐車場で
その他の雑穀類700mlと缶チューハイ350ml、きいぼぉさんからもらった缶ビール350mlを飲んで寝た。
たったそれだけ。

なのに翌朝の取付きまでのアプローチで気分が悪くなってしまった。吐いてしまえば楽になるとは思ったが、
そんなことをしたら後続の方々にとんでもない迷惑、とかろうじて自制した。中央稜の取付き点にいたお
姉さんに
「夕べは盛り上がったんでしょ。追い越したときにだいぶ臭いましたよ。」

情けないほど年々弱くなっている。
もうアルパイン前夜は、いや山行前夜は缶ビール一杯までにとどめることにします。
鬼門は勧め上手の深澤さんだな。



________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年6月29日(7月1日記載) 
成果と代償 

毎週水曜日は許される限り7時の退社を心がけている。で、冬の間は気にいった店へ飲みに行っていたが、
GW以降は市内のボルダリングジム・ロストキャニオンに通うようにしている。とは言っても断れない飲み会や
出張やらで毎週は無理。この2ヶ月で4,5回というところか。

でもその甲斐あって今日は今まで登れずに残っていた5級の課題2本が登れただけでなく、新たに4級を1本
ゲット!
しかし、難しい課題にチャレンジするようになって指への負担が大きくなってきた。今日は手の甲に延びている
指の腱を痛めてしまった。ジムから戻ってのアイシングが欠かせません。

ロストキャニオンのオーナーが山渓の上野さんの記事に気付いていたのが照れくさかった。

________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年6月17日 
身近な自然が・・・

この時期自宅付近にやってきてホーホーという鳴き声を楽しませてるれるアオバ
ズクが今年はまだやってこない。近年飛来しない年が増えてきたような気がする。
自宅付近の環境にそう変化はないから冬の間の生息地(アジア、ロシア)の環境
が変わっているのだろうか。








かたや宇都宮では毎年鮎解禁の今頃、鬼怒川の橋を横断するコアジサシが姿を
現す。体長よりはるかに長いV字型の翼で風を切る姿は素晴らしくカッコいい。
この写真じゃカモメみたいだけれど実物は全く違う。
印象としては体長の3倍くらいの長さの翼で余り羽ばたくことなく高速滑空。
余りのカッコよさに前の車に追突しないように気を使いながらも見入ってしまう。
でもそれも年々個体数が減っているような気がしてならない。今年はまだ1羽
だけ。

写真はいずれもネット上から拝借しました。



________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年6月12日 
健康食品

    我が家の健康食品。

右はダイエットに熱心な賢い家内が台所で料理しながら飲ん
でいるくらいだから効能に間違えはない筈。
痩せたい方にお勧め!

左は先日ナスノガルーダさんに美味いと教えていただいて
今日買ってきたもの。
大豆ペプチドが多量に摂取できて110円/缶、安いしあっさ
りしてて結構美味い・・・。
大豆ペプチドは体にいいと余計な事言ったら、ナスノガルーダ
さんはこれ幸いと節酒を止めてしまった。
(お医者さんの上野さんは我々の会話を冷ややかに流してた。)

先週は月曜から木曜まで禁酒敢行。
金曜は帰宅後深夜までかけてダイエット生3本のみで我慢。 月〜金で350ml×3はすごい記録。

昨晩は家族で外食。家内と母親がグイグイやるのを横目に、生中1杯と芋焼酎のロック3杯で我慢。
記憶があるまま帰宅という近来稀な飲み会。

今日? そいつを聞いちゃぁ、おしめぇよ〜、てなことなくて昼間は飲むチャンスがあったけどしっかり我慢。
今はもちろん飲んでるけど日曜くらいはね。
明日は東京での会議後に懇親会があるけどビールだけ、お付合いは1次会だけで我慢の予定!!!

【6月13日帰宅後追記】
大人の付き合いだからね。なかなか思うようにはいかないわね。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2005年6月11日 
花菖蒲と美味い蕎麦

先週行って空振りだった両神村の菖蒲園へ。
残念ながら未だ2分咲きだったが、この山あい
の菖蒲園の雰囲気が好き。
ウグイス、クロツグミ、ツツドリ、ホトトギスの
さえずりの中、しばしのんびり。
山ぼうしも白い花を満開にしていた。

近所にも新聞に載る菖蒲園があるけど人ごみ
の休耕田だから。

帰路秩父市内で、元同僚の古川修氏がその著書
蕎麦屋酒」の中で推薦している「こいけ」に寄った。
つい最近まで蕎麦が好きでなかった私でも違いが
分かる美味い蕎麦。

ちなみに古川氏と私は彼が会社を辞めた今でも同僚
と言えない事もないという不思議な関係。
たぶん来月辺りお会いすることになるでしょう。


「こいけ」
R140下り線で秩父市役所を過ぎ、歩道橋と
鉄橋の間の左側。









_________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年6月10日 
ボルダリングで4級ゲット!

まずは訂正から。 4月22日の表は勘違い。10級から始まっていると思っていた
が9級からだった。。

 9級、
8級 人間
 7級、
6級 猿人
 5級、
4級 クライマー
 3級     サル
 2級     猿の惑星
 1級     トランス

テープの色と級も勘違いで「6級が登れたり登れなかったり」というのは
「5級が登れたり登れなかったり」だった。やったね!

ここのところ週一とは言えないまでもそれに近い頻度でロストキャニオンに
通った結果、ついに先日4級をオンサイト!(初見でクリアすること)
私の場合4級なんか触るのも初めてだったからスーパーオンサイトかな?
これで名実共にクライマーだと喜んで今週水曜日も別な4級にチャレンジ。

あえなく左手の指3本を痛めてしまった・・・

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年6月4日 
またやっちまった・・・

成人病検診の結果が出た。まぁ、予想通りといえばそれまでだけど・・・
γGTP,中性脂肪、あと肝脂肪だっったけかな?
しっかり再検査呼び出しです。
体脂肪率13.5%なのになんで中性脂肪過多なんだろう???

うちの会社は6月が期の初めなので先月から先月から今月は昇進祝い、送別会、歓迎会の嵐。
その上出張や娘との旅行があったので休肝日は週一あったかないか。
今日は今日でテニスクラブの仲間と八ヶ岳の打ち合わせと称して飲み会だったし。

宣言! 禁酒とは言いません、少なくとも休みの日に昼間から飲るのは止めます!!!!
絶対!
きっと、
たぶん・・・



_________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年5月29日 
愛・地球博
  

娘に乞われて週末愛知万博に行って来た。
土曜日9時15分くらいに入場した時点で日立館は5時間待ちとか。比較的空いている外国館を選んで見て
歩いた。中南米の大自然の豊かさや、砂漠の国々、意外にも国土の1.7%しかないというケニヤの森林など
世界の多様性に今更ながらビックリ。

国宝級の展示にレプリカを使わない本物志向のイタリヤ館も素晴らしかった。もちろんポップなものも凝って
いて写真左は光と影で作り出した顔、右のチンクエチェントはチョコレート。

でも万博よりも何よりもお父さんは二日間娘と二人で居られることが一番うれしくて、二晩とも記憶がなく
なるまで飲んでしまった。

________________________________________________________________________________________________________________________^________________________



2005年5月15日 
最近のお気に入り

    金の鞍           Bloody Mary
  


最近凝っている酒 
その1:金の鞍
鹿児島の芋焼酎。芋らしい癖のある焼酎。ロックの氷が少し融けて冷えた時が最高!大魔王より美味い。
宇都宮の焼酎専門店で買います。通い瓶方式の量り売りなので隣の瓶はその店のオリジナル。
独り過ごす深夜の単身赴任先では最近これ一筋。
その2:ブラッディマリー
早い話がウォッカのトマトジュース割りであるが、写真にあるようにレモン汁(ポッカレモン)、タバスコ、ウスター
ソース、黒胡椒を少々入れる。
山に行かない週末の自宅では午後4時くらいから好きなつまみとこれをちびちび飲りながらネットサーフィン。
もちろん食前酒にしかならないのでその後は地元の日本酒に切替える。

こんな生活も成人病検診の結果が出るまでかなぁ。
_________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年5月14日(2) 
旬を食す幸せ

今晩の食卓にこの時期一瞬が旬のミョウガタケ(ミョウガの伸びたヤツ?)、ヤマウドの酢味噌、ヤマウドの先っちょ
の捨てる部分をキンピラ風に煮込んだものが載った。残念ながらどれも農協で買ったものだったけど旨いなぁ。
山菜好きにはたまらない季節が続く。
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年5月14日 
ヨタカの星

今日も聖人岩でクライミング。
登っているときからキョッキョッキョという鳥のさえずりが気になっていた。下山路でまたそれが鳴いてはたと気が
ついた。  ウワー、ヨタカだ!
初めて聞くヨタカの生の声。大感激。 やっぱ、アウトドアはいいなぁ。

クライミングもTRながら「風の子カンテ」10a、「ダイレクト何とか」10a は難なくクリア。
「ウォーミングアップ」10bは2テンションながら次回につながる予感。
うん、徐々に調子が出てきたぞ。

「貂は見ていた」11bを登る森田さん    11b?C?をいとも簡単に登る Love Letter from Canada
           (RP)                              (OS)         (失礼、Tonyです)
                       

___________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年5月6日 
クライミング再開

楽しかった雪遊びの季節もそろそろおしまい。
剱縦走の疲れも抜けぬ昨日越生の聖人岩へクライミングに行った。昨年楽に登れた「風の子カンテ」10aが
何としても登れない。冬の間にイレブンクライマーに変身した339°さんがあちこちバシバシ登るのを当方
指をくわえて眺めるだけ。

早く復活しなきゃ。
ちっとも登れなかったけれど、木漏れ陽さす新緑とクロツグミ、ウグイス、アカゲラのさえずりの中に身を置いて
気分の良い一日だった。
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年4月23日 
思うこと

今日たまたま食事の席でご一緒になった方と例のライブドアとフジテレビのことが話題になった。
私は諸先輩方が焼け野原だった日本をあっという間に一流の経済大国にしてしまった努力や実績に頭が上がり
ません。そして我々の世代が同じだけの実績を上げられていないことも自覚しています。

でもね、国が護送船団方式で国内産業を守り育成していた時代と今のグローバル化の中の大競争時代とでは
自ずと企業のあり方も違って然るべきだと思っています。
そんな資本主義の中にあって「企業とてお金が全てではない」と言っていていいのかなぁ。
今までだって形こそ違え競争の原理の下で涙をのんできた企業が沢山あったんじゃないのだろうか?

それと「企業とてお金が全てではない」のは当たり前であってライブドアだってそうじゃなきゃ社会に認知されて
いないはず。どうして今度の騒動を「お金が全て」とレッテルを貼って切り捨てるのか理解不能。
____________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年4月22日 
トランス

10級、9級 人間
 8級、7級 猿人
 6級、5級 クライマー
 4級、3級 サル
 2級     猿の惑星
 1級     トランス

雪山シーズン突入と共にクライミングから離れていた間に339°さんもT310さんもイレブンクライマーになっ
てしまったそうな。GWが終わってからの復活に備えて久々に行った宇都宮のボルダリングジム「ロストキャニオン」
の壁に張ってあったのが上の一覧。(確か師匠大西さんは
3段レベルだったような。すげぇ・・・)

私は6級が登れたり登れなかったりで、中には7級でも登れないルートも。5級に至っては2手目からして保持不能。
2時間居ても休んでばかりで正味1時間も出来なかったけれど、終わってみれば疲労が心地よい。
パンプの1Fと違ってボルダリングジムは若者ばかりで単独オヤジは気後れするけど、しばらくがんばってみよう。

目指せ、トランス! もとい、目指せサル!!

ところでロストキャニオンのオーナーは昨年何度かパンプでビレーをしてさし上げた方でした。
似ているなぁとは思っていたけれど、まさか宇都宮のボルダリングジムのオーナーがパンプのお客だったとは。
____________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年4月17日 
友よ

♪友よ〜、夜明けまあえのやーみーの中で〜
♪友よ〜、戦い〜の炎〜を燃やせ〜

真剣に悩み、考え、生きていたあの頃。懐かしいなぁ。
それが今じゃみんなこれだもんなぁ。ところで次は夏?

_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年4月10日 
春爛漫

    

田舎の朝は早い。休みの日でも6時前には家族が起きだす。だからいくらのんびりしていても9時前には朝食
が終わってしまう。
穏かさに誘われて家内と町内のニリン草とカタクリの群生地を見に行った。
カタクリには1週間遅かったが、ニリン草は丁度見ごろで大勢の観光客で賑わっていた。

町中が花に溢れ、ウグイスとクロツグミの競演に負けじとキジとコジュケイが大声を張り上げる。
槻川にはコイが群泳し、カメは石の上で甲羅干し。
春爛漫。
____________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年4月9日(2) 
寄る年波かぁ?

今まで人から元気、元気と言われてきたけど最近歳を感じることが多くなってきた。木曜日に海外出張から
帰ってきて金曜夜から谷川岳に行くつもりでいたんだけれど、帰ってきてみてみればもう面倒くさくて行く気
がしなくなっていた。2年ほど前には海外出張から帰ってきて30分後には前もって準備しておいた山道具を積
んで山に向かって運転していたのに。体力以上に気力の衰えを感じる今日この頃だ。

そんなことじゃいかんと家内を誘ってテニスに行った。1年か2年ぶりのテニスだったが、テニスクラブの仲間相
手に2セットやって1−6(負け)、6−4(勝ち)。
後は花粉症の涙目で止めちゃったけどオレって上手いなぁ。

結局、ただの自慢でした。 チャンチャン。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年4月9日 Ray

遅ればせながら映画「Ray」を見た。
ストーリー自体にさほど感動したわけではないのに、「Wtat'd I Say」と「Unchain My Heart」が流れてきた
ときには不覚にも涙が出てしまった。音楽を聴いて涙が出たのは初めての体験。歳をとって年々涙腺が緩くなっ
てきた。
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年3月27日(2) 田舎便り

今日ウグイスの初鳴きがありました。多分1週間ほど前から鳴いていたらしく、もう結構上手。
また7月まで楽しめます。
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年3月27日 水が合わない?

先週の野岩鉄道沿線スノーハイクの翌日から両腕の内側に軽い炎症が出て痒い。
どうやら栃木県のあの辺りの雪を溶かして飲むとジンマシンが出るようだ。
昨年の男鹿山塊周遊山行の時は2泊だったせいかもっとひどかった。
その他の山域だったら出ないんだけど・・・
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年3月15日 和中英国際合唱隊 (3月25日アップ)

見ての通り。

   
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



2005年2月28日 風物詩 (3月25日アップ)

たまに行く宇都宮の和食料理屋でシラウオのオドリが出た。活きていないもの
を寿司ネタでは食べたことはあるがオドリ食いは初めて。
胃の中で動くという感触はなかったけれど、喉ごしは動く感じが。
特別美味いものではないですね。














__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


2005年3月13日 Camedia μ-mini DEGITAL

娘がデジカメを買ってくれと言う。
どうせ凝ったことには使わないのだからお父さんのでもいいだろうと私
のFinePix F401を使わせることにして、私は以前から欲しかったCamedia
μ-mini DEGITALを新調。雪山や沢登りの時便利だろうと生活防水に
惹かれて買ったのであるが、携帯電話より小さいことにびっくり。これなら
胸ポケットからの出し入れもスムーズ。山での使用が楽しみです。  












2005年3月5日 田中正造翁を偲んで

また渡良瀬遊水地に行った。と言っても今日は鳥見でなくて田中正造翁の史跡めぐり。
まずは藤岡の歴史史料館で翁の遺品や写真を見学。ぼろを纏った眼光鋭い翁の姿や、国に家を潰されてなお
仮小屋をかけて谷中にしがみつく村民の写真は小説で想像していたまさにその通り。よくぞこんな姿になって
まで・・・・。
次いで雲龍寺で翁のお墓参り。小さいながらも穏やかないいお寺だった。藤岡の人たちが翁を誇りに思い大切
にしている様子が随所で伝わってきてうれしい1日だった。

帰路、前回に引き続き館林グルメ探訪。今回は和食レストラン「鼎」。 ←読めますか?
お昼にしては少々高めの品揃え。
こだわりの店という感じではなかったが、驚くほど多彩なメニューは是非夜来てゆっくり楽しみたい店だった。

       墓所の雲龍寺                 お墓           田中正造像
(歴史史料館)
    

  「硬骨男子に与える和歌」 自筆        足尾鉱毒事件被告の碑      田中正造翁終焉の碑
 
   

  田中正造を称える碑(歴史史料館)                  水害の様子を今に伝える和船
                                 



2005年2月27日 閉店記念パーティー

今日は知り合いが恵比寿で経営するレストランの閉店記念パーティーに行って来た。
恵比寿の駅前に店を開いて36年。そんなにちょくちょくは行けなかったが、就職をした頃からオーナーにワイン
のことや東京のバーのことやらを教わった思い出の店。そんな頃は随分と大人の気分を味わせてもらった。
そう言えば数年前に大学生になった長女を初めて飲みに連れて行ったのもこの店だった。

恵比寿の街も変わり、オーナーもすこしだけ年老いた。そんなこんなで店を閉じることになったのであるが、
さみしい限り。

ナスノガルーダさんをお連れしても恥ずかしくない大人の店が無くなってしまった。



2005年2月26日 デューク更家

先日カリスマウォーカーのデューク更家氏の講演会に行った。

テーマソングと会場の手拍子の中、いきなり聴衆の中に降りてきて
「どう、このお尻、小さいでしょう、カッコいいでしょう。触ってみて」
「今ねぇ、モナコに住んでるの、東京に居る時は六本木ヒルズ、この口と足だけで稼いだんですよ。」
型破りの登場。会場の女性はもちろん隣にいた30くらいの男性も熱狂的ファンなのかこっちがひいてしまう
位の喜びよう。

50歳にして小さなお尻にすらっと真っ直ぐな足。上半身も軽い逆三角形。1日6食食べて深夜の酒も欠かさ
ないとか。姿かたちはどうでもいいけど、ダイエットしている身にとっては6食にアルコールっていうのがうらや
ましいかぎり。

最初は講演だけでウォーキングの講習はやらないはずだったが、そのうち本人が乗ってしまい講習会へと突入。
若い女性が2/3を占める会場で変な歩きや体操をするのは気恥ずかしいはずなのであるが、トレードマークの
帽子をとって薄〜い頭まで見せてくれる気さくさと巧みな話術に会場全体が乗せられ照れることなくクネクネ
しまくった。確かにカリスマ。

「今日はちょっとやりすぎましたね」って言うくらい数多くのウォーキングや体操をを教えてくれたが、こんなに負
荷が高いものとは思わなかった。山歩きには使えないけど短時間でできる有効なトレーニングだった。足も太く
ならないってさ。

その時はすっかりその気になってしまいビデオを買って練習しようって気持ちになったが、今鮮明に覚えているの
は二人のアシスタントのお姉さんの抜群のスタイル・・・。



2005年2月25日 猛禽類目撃録(6)

(6)2月18日午前9時15分頃、宇都宮市柳田大橋にてチョウゲンボウ。
  昨年まで橋のたもとの森にいついていた個体か?
  川原の草原を整備して以来姿を見せなかったが帰ってきてくれたかな?


2005年2月13日 猛禽類目撃録(3)、(4)、(5)

(3) 2月7日午前8時頃、熊谷市内R17バイパス取付け道路にてチョウゲンボウ
(4) 2月12日 男体山登山の帰路はタカの大当たり
          1.R50佐野付近にて大型のタカ類の飛翔(遠くの肉眼のためトビ誤認の可能性あり)
          2.熊谷市内荒川押切橋下流に2羽ノスリの飛翔
          3.同押切橋たもとにてチョウゲンボウ
          4.嵐山町工業団地そばの広域田園で2羽のチョウゲンボウ、小鳥のモビング付き
(5) 2月13日 家内と鳥見に行った小川町下里から見た仙元山の上空高くに中型のタカ類3羽の飛翔。
          内2羽は番のノスリか?サシバは未だだしね。
          残る1羽は少しスリムで尾も若干長かった。オオタカ? まさかね。
          2羽プラス1羽が大空を悠々と飛翔する姿をしばし双眼鏡で見とれる。ワシ、タカ類の飛翔は
          雄大だ。
          その他、カワセミ、コゲラ、カモ類、モズ、オナガ、ジョウビタキ、シジュウカラ、チュウサギなど。

2005年1月29日(2) 猛禽類目撃録(2)

今日また渡良瀬遊水地に行ってきた。先日は暇そうにしている母を連れていったが、今日は家内と一緒。
だから今日もじっくりと鳥見ができないことは承知の上。前々から気になっていた館林のシーフードレストランT
に入り家内はペスカトーレ、私はブイヤベースとガーリックトースト。もちろん不味くはなかったが、ファミレス並み
の値段で味もそれ相応。ちょっと期待はずれ。

渡良瀬遊水地に入るとすぐに道路わきの立木に留まっていたノスリを家内が発見。少しの間観察できたが、車の
ドアを開ける音に悠々と飛翔していってしまった。前回行かなかった新赤麻橋にはコミミズクを待つバードウォッチャ
ーとカメラマンが10人ほど。土手の上から見渡す葦原の立木にノスリが2羽見えた。

新赤麻橋からの帰路、チョウゲンボウとキジが間近に見えた。本当に猛禽類の多い所だ。
次回は一人で来てコミミズクとハイイロチュウヒが出る時間まで粘るつもり。



2005年1月29日 男鹿山塊ひょうたん峠付近の謎

昨年無雪期の男鹿山塊ひょうたん峠付近で2人の登山者の遭難があった。ひょうたん峠の林道にあるプレハブ
小屋にザックを残し、空身の状態で約200m離れた薮の中で亡くなっていたという。一人は某山岳会の経験
豊富なベテラン会長。なぜ空身で、なぜ薮に、なぜ林道に戻れなかったか、と疑問は尽きない。
私は何かの動物に追われて薮に逃げ込まざるを得なくなったのではと想像していた。

こんな話をスキージャーナルの(無駄な)知識の泉、藤井君に話したら彼はMTBでひょうたん峠を通った際、サル
の群れにつきまとわれた挙句に囲まれてフンを投げつけられて怖い思いをしたことがあったという。

やはりそうかと思っていたら今度は会社の山岳部の掲示板にもっと不思議な投稿が載った。
その方は昨年塩原から板室までの林道歩きの途中、ひょうたん峠付近で謎の閃光を見たという。初めは流れ星
かと思ったが次の瞬間それはありえない動きをし、そして視界から消えたとのこと。それが飛んでいた付近に到
着し探してみたが何の痕跡も見当たらなかったそうだ。社員なら誰でも見られる掲示板は所属部署入りの実名
投稿だし彼もエンジニア。あながちウソとは思えない。

いったい何が?
3月の大佐飛山山行がチト不気味。

猛禽類目撃録(1)
 1月6日(木) ノスリ:関越道嵐山小川IC付近の谷地
 普段はカラスにモビング(擬攻撃)されているノスリが逆にカラスを追いかけていた。新聞で読んだことはある
 が初めて見る珍しい 光景。

 1月10日(月) チョウゲンボウ:能谷付近の荒川上空
 風のない青空を飛翔するチョウゲンボウ、これはよく見る風景。

 1月22日(土) チュウヒ:渡良瀬遊水地の葦原
 立っていられないほどの強風の中、一瞬飛んですぐに視界から消えた。

 1月25日(火) モズ:宇都宮市内
 信号待ちの車窓5mの地面に留まっていた。モズ自体は珍しくもないがこんな至近距離で見たのは初めて。
 するどく曲がったくち ばしや長い尾が肉眼ではっきりと見えた。ずっと見ていたかった。



2005年1月23日 渡良瀬遊水地


 遊水地から男体山、女峰山がくっきり見えた

昨日渡良瀬遊水地に行ってきた。
明治時代、足尾鉱山の鉱毒が当時の谷中村の肥沃な田や渡良瀬川に流れ込み村に大きな被害を与えた。
村民の惨状を見かねて立ち上がった衆議院議員田中正造翁が私財を投げうって時の政府と戦った様子は
「辛酸」(城山三郎:角川文庫)などに詳しい。正造の懸命の戦いもむなしく谷中村は遊水地の底に沈んでしまった。

そんな田中正造翁や谷中村を偲んでみたくもあったし、遊水地にある日本最大の葦原にこの時期飛来する
コミミズクやハイイロチューヒを見たくもあって渡良瀬遊水地を訪れてみた。

想像以上に広大な遊水地、時間がなくてあまりあちこちと見て歩くことができなかったのが残念だったが、いやぁ
すごい葦原だった。よく東京ドームと較べて大きさを表すけれど、ここの葦原の広さは尾瀬と較べるのがいいかも
しれない。残念ながら立っていられないほどの強風にコミミズクの狩りは見られず、わずかにチューヒ(小型のタカ)
が一瞬風に流されただけだった。

今回で様子が分かったので次回はゆっくり谷中村をしのんでくるつもり。



2005年1月22日 カクテルに挑戦!

      
      モルゲンロート           ブルー皇海ブルー             コガッシュ

昨晩、会社の課の親睦会主催のカクテル講習会に参加した。オリジナルカクテルのレシピ作りが今日の目的。
私は知らないけれど「学校へ行こう」とかいうTV番組に出ているというカクテルバーのオーナーからアルコール
やリキュールの説明を受け、カシャカシャとシェークの仕方を教わってからオリジナルメニューに挑戦。

カクテルはネーミングが重要というので名前には凝ってみた。
1番目と2番目はお分かりですよね。3番目は栃木名産のトチオトメをあしらったので古賀志山のお酒という
意味。 味?、それはもう悲惨なものでした。

同じテーブルになった宇都宮渓嶺会のがっちゃんいわく、私のは何を飲んでもアルコールが強すぎるとのこと。
ちなみにコガッシュはテキーラ25ml、ラム25ml、レモン10mlです。
何にしても甘ったるい酒は好きでないので2時間ほどで飽きてしまった。

9時半ごろ山岳部のFさん、Yさんからの電話で「居酒屋行かない?」と誘われたのを潮にひき上げた。
で、やっぱり私は熱燗が旨〜い!
今年のGWは深澤さんと楽チン山小屋泊まりで立山連峰滑りまくりの計画があるというのに、2人から赤ハゲだ
の三の窓だの訳の分からないことをまくし立てられて無理やりOKさせられてしまった。
強いカクテルを5,6杯も飲んだ後に私一人で熱燗5合も飲んだんだから記憶がなかったことにしよう。



2005年1月9日 親馬鹿と言わずに・・・

 娘の晴れ姿。
 こうして親の務めが一つづつ終わっていく・・・。


 
 昼過ぎから走りに行ったが、5日の滑りまくりを言い訳に20分で散歩モードに変更。
 その後かねてから目を付けていた某地域に行って、ある鳥が営巣していそうな所を物色。
 (アオサギじゃないよ)
 2ヶ所ほど候補地を見つけた。しばらく通ってみよう。



2005年1月4日 やっぱ、アホだ

昨日は午後から弟一家が来ていてビール、ワイン、日本酒、ウォッカと飲み続けていた。午後3時から飲み始めた
ので夜9時過ぎには夢の中。当然今朝は5時ごろ目覚めてしまった。

皆が起きだすまでにはずいぶんあるし、3日坊主にも届かないんじゃあ余りにみっともないと今日も走ることにした。
足首を入念にストレッチしたが、走り始めると結構痛い。無理したら明日の山スキーに行かれなくなるかな?と
チラッと思ったが、勢いがついてしまって構うもんかと走り始めてしまった。

走り始めてしまえばランナーズ・ハイ。念願のアオサギがチラッと見えたこともあって気分良く55分間走りとおした。ところが、自宅の直前に戻ってクールダウンのつもりで歩き始めたら足首と踵にかなりの痛みが走るじゃないか!
ビッコを引きひき10分以上もかけてようやく帰宅。

山のスタミナを付けるためにやってるのに本末転倒! 何を考えているんだか、アホです。
そして、こんなに痛くても明日のスキーは行く!! 

我ながらアホ×アホだと思います。



2005年1月3日 ツケ

昨日はカッコいい事書いたのに・・・。
今朝から足が痛くて歩くのも難儀。弟一家が来るのでスーパーに買い物に行ってもカートにすがらなきゃ歩け
ない始末。昨晩家内に連れられて六本木まで行ってあちこち歩いた時には何でもなかったのに。

夕方弟が連れてきた犬と少しだけ散歩をしてお茶を濁すのが精一杯。
あ〜。



2005年1月2日 ジョギングこと始め

私の所属する山岳会でフリークライミングに次いで盛んなものはマラソンである。サブスリーランナー(フルマラ
ソンを2時間台で走るランナーをこう呼ぶそうです)の松さんを筆頭に、毎朝4時に起きて13km走っている森田
さん、昼休みには必ず9km走っている熊谷さんなど炎のランナーが競い合っている。今年の桜マラソン(ハーフ)
には現役5名、OB2名が参加するとか。

彼らに刺激を受けて私もデブ撲滅のために走ろうと思い立った。
雪の平原に変わった田んぼの畔や槻川沿いの道をテレテレと40分ほどジョギング。シラサギやカワセミが驚いて
飛び立つ姿を横目に見ながら、なんて素晴らしい環境の中に住んでいるんだとわが町を再認識。

その後下里登山口から雪化粧した仙元山に登った。すべる足元に途中の東屋で引き返そうかとも思ったが、新
年早々の敗退もゲンが悪いと山頂を目指した。山頂付近は足首までもぐる雪でこれまたいい雰囲気だった。

今日の記録
自宅→ジョギング40分→仙元山往復(歩きで60分)→足がつって徒歩で帰宅 (*^_^*))
チュウサギ、カワセミ、カワウ、カモ類、シジュウカラ、ジョウビタキ、アカゲラ(鳴き声のみ)、シメ類



2005年1月1日(1) ター
ナル

一面白銀の世界で明けた2005年。
はやくも昨晩夜中から雪かきを始めたご近所には申し訳なかったけれど、大晦日の晩には家内共々酔っ払って
しまい今朝11時過ぎにようやく家の周りの雪かきを始めた。12月に入って以来忘年会続きでベルトの穴が2つ
も左によっていた私には結構厳しかった。ハァハァしながらかろうじて残っていた雪を片付けて初仕事は終了とい
うことにした。

毎月1日は映画が1000円の日なので午後から家内と映画に行った。
気になっていた「ターナル」はちょっと期待はずれ。  ・・・というよりNo Ten Keyな私には大晦日の「踊る大捜
査線スペシャル」の方がよっぽどウルウル。湾岸署のあの情けない3人の上層部が部下青島をかばって本庁のキャ
リアを阻止するシーンなんてサラリーマンの私にはもう、もう、たまらなかったよ。

こんな単純お馬鹿な私だからターミナルなんかじゃ物足りなくて、「エイリアンvsプレデター」にすれば良かった
なぁと後悔。
やっぱり映画はスリルとアクションに限る!。



2004年12月31日 B級グルメの決定打

昨晩家内と二人で家庭内忘年会と隣町へわざわざ電車に乗って飲みに行った。
(田舎町には残念ながら代行がなくて不便なのだ。)
お目当ての店は活魚料理が売りの「大根や」。
しばらくしてテニスクラブのKさん達も顔を見せたが、暮れも押し詰まった30日というのに入れなかったほどの
繁盛ぶりだった。  

今日のお勧めからは白子とあん肝、メニューから銀杏とタコわさを注文。
少々待って出てきた白子はさっと湯通しただけなのだろう、まだほんのりピンク色!
本当に新鮮だからできるんでしょうね。味も食感も絶〜品!
続いて出てきたあん肝には、も〜言葉もなし。箸でつまめば豆腐のように切れてしまいそうにプルップル。
わざわざ大洗まで食べに行っていたあん肝は一体なんだったんだ?

そのうち掲示板で誘っておいた駄目亭主さん夫妻もやってきたので、しつこく食え食えとあん肝と白子を勧めた
ような気がする。毎度のことながらゴメンなさいね。

旨すぎるつまみにメートルが上がり、私一人で生中2杯と熱燗6合までは記憶にあるがそれ以後全く記憶なし。
帰宅途中家内が怒っていたような気もする。いつもいつもこんな亭主でゴメンね。

今日になってテニス仲間のTさんから電話があった。

「こんな雪だけど今晩どうするの?」
「???????・・・」

今晩も大根やで忘年会しようって携帯で誘ったらしい。これまた全く記憶なし。
Tさん、電話の奥であきれていた奥さん、私のやることですからゴメンなさいね。

みんなにみんなに迷惑かけっぱなしの私ですけど、来年もよろしくお願いしま〜す!

「大根や」:東武東上線武蔵嵐山駅徒歩数分、大衆料金です。



2004年12月30日 田舎便り(11)
                                                      
 
                                                ちょっとすごい鴨!?
お隣の川本町は毎冬コハクチョウがたくさん飛来することで有名だ。
先週宇都宮への通勤途上、荒川に架かる橋から数羽の白鳥を見た。もうそんな季節かと今日見物に行ってきた。
現在130羽が飛来しているとのこと。心なしか寒そうだった。

家の近所の田んぼには先月来アオサギが来ていて、家内は毎日のようにその大きな姿を見に行っていたとのこと。
そっちも見てみようと寄ってみたが、残念ながらこれは空振り。
あれが雄大に飛んでいるところを見たかったなぁ。



2004年12月29日 あやうく車上荒らしに!

仕事納めの1日が終わり自宅に帰る道すがら、忘れ物を思い出し単身赴任先に寄った。
ちょっとの間だからと玄関先の来客用駐車場に車を停め、10分ほど用をたしてエレベータから降りると車の車
内灯がまさに消えかかろうとしているところだった。(ドアを閉めて5,6秒後から徐々に消えていくタイプ)

「ん??? 」
一瞬なんだか分からなかった。

その時通路に止まっていたエスティマが急発進して出て行った。

ようやく「やられた!」と気付き、ナンバーを見ようと後を追ったがもうその姿はなかった。

車内にはスキーや山用品の他に、バッグの中には貯金通帳やパスポート、使っていないクレジットカードが何枚
か入っていたが、幸いなくなった物はなかった。

多分車のドアを開けたときに、エレベータが降りてくることに気付いて逃げ出したのでしょう。
逃げる瞬間にバッグを掴んで逃げてもよさそうなものですが、バッグの上にはMSRのスノーシューがあの歯を上
向にして置いてあったのでトラバサミかなんかと勘違いしてひるんだのかな?

何にしても盗まれたら失効手続きだけでも大変だった。
皆さん、車内に貴重品を置かないようにしましょうね。



2004年12月25日 春近し?

先週我が家の食卓に農協で買ってきたふきのとうが出た。
え〜、もうふきのとう?栽培だねって言ってたら我が家の庭にももう出てました。
ホント、へん。

写真中央のとがった楕円がふきのとうです。











2004年12月18日 またやってもうた・・・

先月の雪の日光薮山縦走の晩、ナスガルさんがシュラフマットもなしに3シーズン用シュラフ+インナーシーツ
ですやすや寝入っているのを横目に、−22℃対応冬用シュラフ+ゴアシュラフカバー+サーマレストの私は寒
さで何度も目を覚ましていた。
寒さにめっぽう強いナスガルさんとことさら弱い私の差はあるにしてもこれはいかにも変だ。

つらつらと考えるにナスガルさんの下着は厚手の純毛、対する私はアウトラストのシャツとCWXの夏用タイツ。
そうか、これに違いないと思い込んだらもういけない。

皆さん、新聞広告で見たことありませんか?群馬県岳連のヒマラヤ遠征隊が純白の下着姿でずらーっと並んだ
あの写真。純毛より暖かいという「ひだまり」って下着です。

アッと思ったときには「注文する」をクリックしていた。
冷静に考えてみりゃ1枚余分に着りゃその方がよっぽどあったかいのに。 
小人閑居して不善を成すとは正にこの事か。

来春、「お勧め山道具」のアウトラストがひだまりに代わっていればまだ救われた気はするだろうけど・・・。



2004年12月13日(2) オリーブオイルじゃ・・・

単身赴任先で一人過ごす週末の夜、急にウォッカが飲みたくなった。近所の大きなスーパーマーケットでウォッカ
とトマトジュースを買い込み、つまみはオリーブがいいなと棚をあちこちと探したが見つからない。
で、店員さんに訊いた。

「オリーブの瓶詰どこですか?」
「は?」
「オリーブの瓶詰です。」
「オリーブ?? ちょっと待ってください、訊いてきます。」

どうやらオリーブになじみがない様子。結局置いていないということで2軒目のスーパーに行った。
全く同じ会話が繰り返された後、店員さんが言ったこと。

「お客さん、オリーブオイルならありますけど・・・・」



2004年12月13日(1) 竿忠の寝言

子供のころから釣りが好きで色々な本を読んでいた。中でも三遊亭金馬の「江戸前釣つり師」(徳間書店 昭和
37年10月1日第3版)は江戸から昭和までの東京の釣りにまつわる逸話や当時の風物詩を綴った名著である。
小学生相手の本ではなかったが夢中になってすりきれるまで読み、今も大事に手元においてある。
この本の中にしばしば「・・・と竿忠の寝言に書いてある」という言葉が出てくる。もちろん、その当時手に入れる
術すら知らず、ずっと読みたくて仕方なかった。

先日復刻版が出ているのを知って即座に購入。昭和6年に400部限定で非売品として出版されたそうだ。
明治から昭和初期まで竿忠が見聞きしたことを口述したもので他愛はないが、当時の江戸っ子の生活や気質が
描かれ興味が尽きない。来週下巻も購入予定。

ついでに
「釣り狂」(佐野孝 S34年 池田書店)、「蘭童つり自伝」(福田蘭童 S41年 報知新聞社)も釣りを題材に昭和
初期の庶民生活を描いた名著である。特に前者の哀しい語り口は今も記憶から離れない。



2004年12月5日(2) 
元のもくあみ?

今日久しぶりにPUMPへ行った。
10月のグループレッスン終了後、能谷の名士339°さんは夜の街へ、S嬢は本職のスキー場へ、私は薮山へと
それぞれ活動の場を移してからの1ケ月だった。何ちゃってね。

うーん、さすが才能ないやつらですね。

S嬢の惨憺たる有様は書くに忍びない。
ハング大好きな339°さんは好きなハングルートだけ登って、ニューアルしてグレーディングが1ランクシビアに
なった100度壁には手も付けず。
ハングが怖くて100度壁しか登れない常吉は5.8、10aまではオンサイト、続いて10bはワンテンション、更に別
な10bは物言い付きのオンサイト。
ん〜、確かに難しくなっていた。

午後は100度壁の10cにトライ。2ヶ月前は「ン?10シ〜イ?」なんて軽く言ってたのにグレーディングのアップと
1ヶ月のブランクで1テンション。満を持した2度目はパンプしてしまい登れなくて屈辱の途中敗退。

もうヤんなって休憩所で寝てました。」
帰り間際に垂壁の10aを気分良く登って今日は終了。

9日夜PUMP1、12日終日PUMP2、14日夜PUMP1と行かれるので、勘を取り戻していい正月を過ごすぞー!!
現場監督さん、こんな私ですがP2でお会いしましょうね。我が会の誇る綺麗どころも来るかもよ。



2004年12月5日(1) 田舎便り
(10)

昨年正月に駄犬が他界して以来、とんと近所を歩くことがなくなっていた。
今朝PUMPに行く車窓から見た我が町の風景はまさに正しい日本の秋の里山。
赤く染まった低山に囲まれた畑や軒先に柿を干した農家はカレンダーに出てくるような風景だった。
カメラを持っていなかったのが本当に残念。
その上季節外れの台風一過、綺麗な虹まで大きな弧を描いていた。

また少し早起きして近所を歩こうかなぁ。


2004年11月22日 
ETCを付けた

金曜日から国土交通省のETC取り付け奨励金制度(5250円)がまた始まった。
ETCを付けておくと来年からはマイレージ制(使用実績50000円毎に8000円キャッシュバック)や通勤時間帯
割引(6-9時間の入and/or出で50%引き)とか深夜30%割引とかで利便性もさることながら経済性がとって
も高くなってきている。
更に、ある量販店ではカード会社とのタイアップでカード会社から5000円のキャッシュバックも受けられる。
マイレージ制に登録すれば5000円のキャッシュバックも受けられる。(100万台限定)

更に、更にインターネット上にあった「ただでETCを付けられる方法を2000円で教えます」という怪しげな情報を
鵜呑みにした私はいよいよ取り付けることにした。
(つまりそんな怪しげな情報を買ったということ。馬鹿ですね)

しかし、昨日量販店に行ってびっくり。金土二日間で奨励金対象台数の半分15万台が登録されたそうだ。オン
ライン登録がパンク状態で日曜受付分のセットアップは4,5日かかるとか。残り15万台に入るかどうか怪しい限り。

まぁ、それでも十分元は取れそうなので付ける事にしました。


2004年11月21日 
クマ考

11月7日の県境歩きで3回目のクマとの邂逅。姿は見えなかったがガルルルルーという大きなうなり声は明らか
にすぐそばだった。かなり長い時間威嚇を受けた。
上野さんと夢中で大声を上げて退散させたが、どうやらこれは間違えだったらしい。山渓12月号に沢登り中に
クマ公に襲われ崖を転落し遭難救出された方の記事が出ていた。クマが事前にうなり声で威嚇しているのに大
声を上げて対抗したということに対してかなり批判的な論調だった。

私が初めてクマに遭った時にも威嚇攻撃を受けている。その時は双眼鏡を取り出そうとした動作がトリガーになっ
て木から飛び降りてきたようだし、そのあとの威嚇攻撃は追い払おうとして上げた大声がトリガーとなったような
気がする。

不幸?にして(私は不幸と思わないが)クマに出会ってしまったら決して背中を見せずに、クマを刺激せずゆっくり
後ずさりして退散するのが正しい対処法のようだ。不幸にして本当に襲われてしまった場合ですら「逆らわずに
地面にうつぶせになって手で首を守ってじっとしている」のが被害を最小限にする秘訣らしい。
出会ってしまったらクマ公の面子を潰すことをしてはいけない。

@ 基本的にクマは人間に遭いたくないので気配を察知すれば逃げていく。鈴や大声は有効。
A 鉢合わせ(50mが臨界点)してしまったらもう大声を出してはいけない。もちろん背中を見せて逃げたら逆
に襲われるし逃げ切れない。

でも大勢人がいる登山道での鈴はちょっとね。

参考文献:
「山でクマに会う方法」 米田一彦 山と渓谷社
「山と渓谷」04年12月号




2004年11月5日 
書かずにはいられない!

ここにはうれしかったことやちょっと哀しかったことなど日々の些細なことを思うがままに綴るコーナーにする
つもりでいるので腹立たしいことは書かないつもりでいたけど・・・。

東京の下町で育った両親から前の戦争末期に受けた激しい空襲の話をよく聞かされてきた。3月10日の東京
大空襲では何十万人もの非戦闘員が被災(災害?)したそうだ。私の父方の祖父もこの日ではないけれど隅田
川の土手で艦載機の機銃掃射を受けて亡くなっている。それも何十mも走って逃げた挙句に。

この東京大空襲の司令官が何年か前に勲一等***褒章とかいうのを叙勲されたそうだ。連合国側から表彰
されるなら良く分かる。何十万人もの自国民を殺傷した司令官をなぜ日本が表彰する!              
私の国の役人のやることは理解できない。 



2004年10月11日 
ドーピングで10d レッドポイント!!!!! ヒッヒッヒ〜

雨で古賀志山フリークライミングが中止になり、渋々PUMPに行った。
往路の車中全くモチベーションが湧かず、今日は簡単なルートをのんびりやるかとつらつら考えていた。     コンビニで昼の弁当を買った時仲間内で評判になっているドーピング剤が目に止まり、考えもなしに一番高いやつを買ってみた。(50ml1本で六百何十円かしました)

この効果だったかどうか定かでないが、壁を前にしたらどうしても今日は10dをものにするぞという気がふつふつと湧いてきた。

午前中はアップに徹し
@垂壁 5.8 オンサイト(初見で完登することです)
A100度壁 10a クリア(何度も登ってます)
B100度壁 10c オンサイト
の3本で我慢。  

食事後満を持して100度壁10dにトライ。このルートは前に2度トライし何度もテンションをかけながらも登った事はある。
C100度壁10d ワンテンション!(一度ロープに体重を掛けてしまうこと) ざんねぇ〜ん。すごく悔しかった。                                                                     約45分休憩し、本日2度目のトライ。
D100度壁10d レッドポイント!!(2度以上のトライで完登すること、この場合計4回目になります) 

やったね!!お買い得と言えど10dは10d、大満足です。 ねっ、石川君!!

その後はK会長が1テンション入ってしまったウェーブ壁の10cにトライ。
同じく1テンションだったのは残念だったけど私には上出来でした。(もちろんKさんは次のトライで難なくレッドポイント) 

今日は満足の一日だった。
(ちなみに使ったドーピング剤はアリナミンV&V Newです。)



2004年9月26日(2)
探検記

余り本を読む方ではないが、探検記は好きである。学生時代に読んだアルセーニエフの「デルスウザーラ」
なんかには未だに影響を受けていて、登山道で足跡を見つけては
「これは日本人の足跡だ、何でお前はそんなことが分からないか!」なんて言ってる。
だから日白山で遊歩さんのトレースを見て【フリートレックを履いて私と同じくらいの背格好の人】という
予測が当たったときは大喜びだった。

最近直木賞を取った熊谷達也氏の「邂逅の森」(またぎと熊の死闘の物語)は期待して読んだんだけど
冗長でしっくりこなかった。吉村昭氏の「羆嵐」の方が数段上だと思う。

夕方暇つぶしに図書館に行って前から気になっていた河口 慧海の「チベット旅行記」とヘディンの
「中央アジア探検記」を見つけた。ハインリッヒ・ハラーの「セブンイヤーズ・イン・チベット」は昔読んだ
ので、この二つを読めばチベット見聞録の古典が揃い踏みだ。

しかし「中央アジア探検記」って全10巻くらいあるとは知らなかった。
これで雨の日のPUMP以外の楽しみが見つかったぞ。



2004年9月26日(1) 田舎便り(9)

昨日モズの高鳴きを聞きいた。
暑い暑いと思っていても季節は確実に秋に向かっている。



2004年9月19日 
木村理恵さんに教わった! 

昨日未だ体調が今一だったがPUMPのレッスンに行った。 講師の都合で今日は代理が教えるとのこと。
誰がやるのかと思えば何と木村理恵さんだった。木村理恵さんと言えば何年か連続して全日本チャン
ピョンをとったことのある第一人者だ。

テニスで言えば伊達公子さんに教わるようなもの。
ゴルフで言ったら・・・、誰だろ?
まぁ、そんな方です。

PUMPでたまに見かけても恐れ多くて話などしたことはなかったが、気さくな人という印象を持って
いた。 実際その印象通りで、かつキュートな方だった。
小柄で華奢な体つきだけど理にかなったしなやかな登りかたに目を見張った。

最後に木村さんのビレーをさせてもらった。
これからは「俺は木村理恵さんのビレーヤーだった。」ということにしよう。



2004年9月5日(1) 
田舎便り(8)
(8)の1
昨日朝、家の前の道路をコジュケイの親子6羽がお散歩していた。ヒナはもう親と同じ色になっていた
けどまだ少し小さい。
両親に前後を挟まれるようにしてチョコチョコと歩く姿がなんとも微笑ましかった。

(8)の2
町の広報に有害獣駆除のお知らせが出ていた。
まぁ、イノシシくらいじゃ驚かないけどシカとハクビシンも対象に銃と罠で駆除するとか。
シカやハクビシンがご近所さんで、駆除しなきゃいけないほど沢山住んでいるとは知らなかった。
確か9月18日から10月15日くらいの間はできれば山に入らないでって書いてあった。

埼玉県西部の里山をこの間歩く方は市町村役場に問い合わせた方がいいですね。



2004年9月5日(2) キング・クリムゾン

北岳バットレスが雨で中止になってしまった。憂さ晴らしのPUMPの帰路T310さんの家で大宴会。
この日は島野嬢、松さんがそれぞれ10bオンサイト、宮脇さん11aレッドポイント、常吉テンション
かけまくりながら10d登りきりとそれぞれ収穫があって、そりゃぁもう大騒ぎ。

ふと気づくとT310さんのCDコレクションに何とキングクリムゾンがあるではないか!
私もレコードだったら持ってるけども残念ながらプレーヤーがなくて聞けないでいた。

久々の「クリムゾン・キングの宮殿」良かったなぁ。
根っから真面目なT310さんが違法コピーはヤダというので2枚組みを含めてCD4枚も借してもらった。
こんなにいっぱいキング・クリムゾン持ってる人今時珍しいんじゃ?

T310さん、今聴いてますよ〜。



2004年9月3日 
秘湯めぐり

先週の土日、ナスノガルーダさんの快気祝いに氏の那須の山荘にお邪魔した。
助手席が生存空間ゼロにまでつぶされた車の写真を見せられびっくり。
よくぞ生きていられたというのが正直な感想。 今では幸いすっかり回復された様子だった。
ナスガルさん夫妻、上野さん、常吉夫婦の5人で深夜まで宴会。結構飲んだなぁ。
上野さん、久保田旨かったです。

翌日は皆で茶臼山や朝日岳に周遊ハイキングに行くつもりだったが、あいにくの雨。
上野さんの希望で高雄温泉を見に行った。ここはかって経営していた旅館が廃業し、地元の有志
の手により整備されてきたという無料の露天風呂。
簡単な塀があるけど脱衣所も洗い場も屋根も桶もない。折角だからと男性陣だけ入浴してみた。
もちろん完全かけ流し。白濁した湯量はたっぷりだけど少々温度が低くこれからはちょっと厳しいかも。

その後、名湯鹿の湯に移動。ここは41℃から44℃までの1℃毎と46℃、48℃の6つの浴槽がある。
46℃は熱い湯が好きな私でもさすがにピリピリするが、とてもすっきりさっぱりしていい気分。
48℃の浴槽の脇には地元の常連らしきおっさんが牢名主よろしく居座って、入ろうとする一般客に
あれこれいちゃもんを付けているので止めておいた。
洗い場がないので登山帰りには向かないけれど、入る価値のあるいい温泉でした。

ナスノガルーダさん、奥さん、2日間お世話になりました。
上野さん、ナスノガルーダさん、幻の湿原、雨で順延にならないかなぁ。



2004年8月27日 
いつの間にやら

昨年秋にぎっくり腰をやって以来、朝晩腹筋に精を出してきた。仰向けになって膝を立て20回。
最近は昼休みにも20回。
若い時から腹筋が弱かった事もあって初めの頃は頭の後ろに手を回すと1回もできず手を体側に沿わ
せていたのだけれど、今では頭の後ろに手を回しても25回までなら楽にできるようになった。
そしたらいつの間にやら腰痛は雲散霧消。

実は、この何年か平地を30分も歩くと足の痺れで歩行困難になるという症状に悩まされていたのだ
けれど(何故か山では1度も症状が出なかった!)こちらもすっかり解消。

腰痛に悩まされている方! いいみたいですよ!


2004年8月10日 
結構やるじゃん!

朝から娘と二人で千葉の矢柱霊園に墓参り。娘はどういう訳か見たことのない祖父の墓参りに熱心で、
盆や彼岸になるとじいちゃんの墓参りに行かないの?と催促してくる。

墓参りの帰路、PUMPに寄って1時間ほどボルダリングで汗を流した。その間娘は休憩室で本を読んで
暇つぶし。 
親父の奮闘ぶりを見ようともしないところがクールすぎて喰い足りないなぁ。
若い者は何にでも興味を持って顔をつっこまにゃぁ。

ボルダリング終了後、大学の映画祭の実行委員を務めているという娘はそのチラシを映画館に置いて
もらう為に池袋に行きたいという。
どんな風に交渉するのか興味津々で付いて行ってみた。

3軒の映画館を回った。
ちょっと離れて聞き耳を立てていると結構しっかりと説明ができているじゃない。
よく言われる話ですけど、子供だとばかり思っているのは親だけなんですねぇ。



2004年7月31日 田舎便り(7)

歳をとるに従い目覚めが早くなるようだ。
今朝はまだ薄暮の4時頃、ヒグラシの声で目覚める。
まるで深山にいるかのような蝉時雨。

4時半になると蝉時雨は消え、ウグイスとアカゲラの声。
今日もさわやかな朝です。



2004年7月30日 
アメリカって国は・・・/オレってやつは・・・。

先週日曜日から今日まで出張でテキサスとデトロイトに行ってきた。10年ぶりのアメリカだった。
話には聞いてたけどSUV(Sports Utility Vehicle) やSUT(Suports Utility Truck)の大氾濫。
男も女もV8の5〜6Lのどでかいトラックでご通勤。特にテキサスでは乗用車はもはや5割以下かな。
我々に用意されたSUVに至っては7L(V10)12人乗り!!
それにほとんどは一人しか乗ってないんだから。

ホテルもレストランも駅も空港もバスの中も寒い寒い。何であんなに冷やしちゃうんだろ。
暑がりの私も根を上げる寒さだった。人がいてもいなくてもお構いなし。
ヨーロッパが必死にCO2を減らそうとしてもあれじゃぁね。

帰路ワシントンから乗った飛行機でニューヨーク公演を終えて帰国する当代きっての歌舞伎役者、
中村勘九郎夫妻と一緒になった。ラウンジでの時間待ちで一緒になって14時間の機内でも夫妻は
私の一つ前の席だった。

何かと疎い私は内心(あれならオレのがカッコいいじゃん)とか身の程知らずに張り合ってしまった。
帰宅して家内に聞いたら将来は人間国宝かもってすごい方なんだってね!!
そんな方とも知らずに張り合おうってオレは馬鹿なりにもそれはそれでスゴイ!

機内でもちっとも偉そうにしない感じのいい方でした。



2004年7月25日 
急行故障

一昨日(23日)奥日光男体山にトレーニングに行った。「左胸イタイ、イタイ」事件の後なので
無理な負荷を掛けないようSlow but Steadyを心がけ、山頂まで休まず行くことだけを課題
にした。

さすが人気の山、平日にもかかわらず何組もの
高年パーティーが入山していた。
決して早く歩いたわけではないのに、高齢の方が多い先行パーティーをいくつもパスした。

皆さん「速いわねぇ」、「速いですなぁ」と言ってくれる。
内心では何が楽しくてあんなに急いでいるんだかと呆れているのだろうけれど、馬鹿な私はまたも
鼻高々で、気分よくルンルンと登った。

もちろん中には「急行だ、急行が来たぞ」
と口々に嘲るようなパーティーもいたけれど。

帰路、右脚に異変。横向きに歩いたり後ろ向きで下ったりと騙し騙し何とか下ったが、3合目からは
あまりの痛みに全く歩けなくなってしまった。

この時頭に浮かんだことが情けない。
こんな格好を追い越した人達に見られでもしたら・・・。
動けることなら登山道をはずれて森の中に隠れてしまいたい気分だった。

こんな時でも無事に下山することよりも見栄が先に立ってしまう自分が情けない。



2004年7月18日 
暇だぁ〜

月曜の「左胸イタイ、イタイ」事件で今週は土曜のPUMPも日曜の白毛門沢も行ってはならぬと
家内からきついお達し。
生来落ち着きがない性格なので、家にじっとしていることが全くできない。

で、この2日間普段してない車のオイル交換に行ったり、図書館で山の本を読んだり、夕方涼しく
なってから庭仕事をしたりと普段できないことで時間をつぶしたけれど、時の経つのが遅いこと。

何年かして定年になったらどうしたらいいんだろ?
毎日山なんか行ってられないしなぁ。



2004年7月17日 
痛かった〜

今週月曜午後の会議中に突然胸が痛くなって会社の健康管理センターに行きました。
すぐに心電図を採りましたが、大きな異常は無し。

でも心筋梗塞は怖いからと入院を勧めらと、宇都宮の大きな病院に救急患者で行ってきた。
本当は救急車で来いと言われたのだが、それは遠慮。
5時半から10時半までの入念な検査の結果、大した異常はないとの診断が下りた。

エコー、心電図、レントゲン等はいいのですが、手首の動脈からの採血は痛かったぁ。
ただでさえ痛いのに3人がかりで3回も失敗して4回目にようやく採れた。普段だったら電話番号を
聞きたくなるような若くて可愛い(1,2年したら飛び切り美人!)の先生の頭を蹴ってやろうかと思う
くらい痛かった。

まぁ、すったもんだの末異常は見つからなかったのですが、会社では心臓の剛毛が絡みついたんだろう
とか刺さったんだろうとかロクなこと言われてません。

宇都宮済生会病院の先生方、大した事のない患者に時間を取らせて申し訳ありませんでした。
急患の嵐の中でも快活かつ親身な先生方や看護婦さんには頭が下がりました。
いい病院ですね。ありがとうございました。

家内が到着するまでの長い時間付き添ってくれたFさん、どうもありがとう!!



2004年7月10日  
PUMPの成果

今日の成果です。
段々できるようになってきた。

1.  100度壁  5.9  ◎
2. 垂壁     10.a ◎
3. 100度壁  10.b ◎(のはずがスメアリングの右足が違うステップに掛かっていたとの物言いあり。)
4. 100度壁  10c △(惜しくも1テンションあり、次週は間違えなくOKの予感)
5. 垂壁     10b ×(先週登れた部分が何故か登れず!パンプして降りてしまいました。)

明日は聖人岩での講習です。



2004年7月8日 
後悔先に立たず

1昨晩の飲み会の後、よせばいいのについつい誘われて「夜の国際交流」に出かけてしまった。
鼻の下を長くして飲んだかどうか定かでないが、翌朝目覚めてみれば頭の中も財布の中もすっかり
カラッポ。
ポケットの中から何故か同じ女の子の名刺が3枚も。しつこく くれくれって言ったんだろうなぁ。
そいで、コッチも名刺渡しちゃったのかなぁ?

挙句の果てに携帯の発信履歴を見たらなんと・・・。
夜中だっていうのに高校時代の友人とか家の娘とかに電話をかけまくっているじゃないの。
あきれられてるんだろうなぁ。

あーあ、いい年して何やってんだろ。

その後娘からは何の連絡もない・・・・



2004年7月3日
今日4回目のインドアクライミングレベルアップスクールに行った。スメアリングと振りを使った動的な
ムーブが大分身に付いてきたので100度前傾壁の10bに挑戦。

見事完登!!! 全く苦労することもなく、気分さいこ〜!!

実は先週もトライしたルートであるが、その時は3手目で隣りのルートを登っていた上手いオバさんと
かぶってしまい相手の気迫に気おされて降りてしまったので、本来はRPということになるのであるが事情
が事情だけにオンサイトとして公認することにした。(誰が!?)

先生がスクール生用に作った10b〜cのムーブというボルダリングもオンサイト。11クラスというボルダ
リングも最後の1手まで行けた。
どうだい、T石川君っ! え〜へっん〜。 今日のビールは美味いぜぃ!



2004年6月26日 田舎便り(6)

昨晩遅く今まで聞いたことのないフクロウの仲間の声に目を覚ました。
アオバズクは「ホー、ホー、ホー」と哀愁のスローテンポ、フクロウは「ぼろ着て奉公(またはゴロスケホッホ)」
と鳴くのに対し、昨日聞いたのは「ホッホー、ホッホー、ホッホー、ホッホー」と高めのアップテンポ。声も大き
かった。
何だろ?
まさかヘドウィック?



2004年6月20日
昨日2回目のインドアクライミング講習を受けた。
今回は遠心力や体のひねり、足の推進力を使った動的なムーブを教わった。これまで静的に取りに行って
いたホールドを動的に取りに行くとなんと楽なことか。
目からウロコでしたね。

夕方藤沢まで行ってK高校女子卓球部有志の飲み会にSと参加。
同窓会HPの告知を見て他の3人がドタ参。
また「すい庵」に行ってアナゴ煮、鴨ロースト、板ワサで大いに盛り上がったあとカラオケ。
しかし記憶もここまで。翌朝目が覚めたらまたもSの家だった。

カラオケマイク離さずとか、言いたい放題とか皆に迷惑掛けたんだろなぁ。
S、いつもアリガトね。



2004年6月11日

昨日今日と出張で広島に行って来た。
初日の晩は18時にはそうそうに仕事を止めて瀬戸内の魚を出す美味そうな店に行った。
瀬戸内の雑魚は何を食っても美味かったし、広島の酒は熱燗でも冷酒も旨かった。鯖の刺身から始まって
オコゼの刺身は旨かった。ましてその肝なんぞは生まれて初めての経験だった。旨かったなぁ。
大満足のその店を追い出されるように出た時にはもう24時を過ぎていた。

今日は会議が終わってから宮島の有名なアナゴ屋「うえの(他人吉)」に行ってきた。
飛行機を1本遅らせてまで食べた日本一旨いと言う期待の「うえの」だったが、炙った後にタレを付けない
アナゴはちょっと違和感。
藤沢の「すい庵」の絶品煮アナゴの勝ちだった。



2004年5月30日

来週の軽登山教室に備えて家内の登山用品を買いにスキー用具の量販店に行ってきた。
たまたま6月に閉店するとのことで、店内全品3割引。

この先山を続けるかどうかも分からないので、安物トレッキングシューズでもと考えていたのに安さに
釣られてそこそこの軽登山靴やら何やらを買ってしまった。
モンベルやノースフェイスの雨具まで3割引。自分用にと超軽量ゴアテックス雨具に思わず手が出掛かっ
たが、かろうじて自制心が働いた。

夜は第一回の机上講習会。
さすが田舎町、家内には大勢の顔見知りがいたようだ。
町の山岳会の会長さんから籠ノ登山と尾瀬についての説明があり、籠ノ登山では状況次第でロープ
を固定するという話に家内がビビッた。

トレーニングを兼ねて目一杯の重荷で行こうかと考えていたが、くれぐれも必要最小限の荷で来る
ようにとの注意。困ったな。

帰路、テニス仲間のK夫妻と蕎麦屋で一杯。 老後の過ごし方で盛り上がったが、現役時代に地域に溶
け込んでいない我々サラリーマンは考え方のコペ転が必要と家内たちから諭された。
確かに今日の様子を見ていても女房族はしっかり地域社会に根付いているようだ。



2004年5月27日 
田舎便り(5)

今年もホトトギスがやってきました。
初夏の風物詩として悪くはないのですが、
♪テッペンカケタカ、テッペンカケタカ、オホホホホ って朝から晩まで上空を飛びながら
24時間鳴き続けています。 

近所に鳥見が趣味で鳥が大好きな友人がいるのですが、その彼をして
「アイツだけは許せねぇ、空気銃で撃ち落してやりたい」 
と言わしめるほどやかましい。

あの鳥はいったいいつ寝るんだろう?



2004年5月23日

出張から帰ってきたら、家内がかねて申し込んでいた町の登山教室の抽選に当たったと言う。
座学1回と6月5日の籠ノ登山ハイキング、27日の尾瀬の散策とか。
いいんじゃないのって言ったら大間違え。な〜んと私も一緒だそうで・・・。

6月の日曜日は沢の予定を組んでいたので
「オレ行かないよ」って言ったのだが たまには付き合いなさいと押し切られてしまった。

たまには罪滅ぼしに、籠ノ登山のツツジと尾瀬のミズバショウの写真でも撮って来るか。
せめてこれを機会に町の山岳会の人との交流を作って山の幅を広げようっと。



2004年5月15日 part2

最近オープンした おがわ温泉「花和楽の湯」(かわらの湯)が全国的にも珍しいPH10.1の
強アルカリ性泉と聞いて行ってきた。

入場すると中には非常によく教育された従業員が大勢いてサービスは満点。
和服姿の女将も居て気分はまるで高い和風旅館のよう。

PH6.7の金の湯とPH10.1の白金の湯の二つの源泉で湧湯量は100L/minとか。
金の湯は単純泉、白金の湯は薄く白濁した強アルカリ硫黄泉。
残念ながら内湯の金の湯は時々注湯、露天の白金の湯は常時注湯されているもののいずれも
加熱循環泉。

お湯は10分で飽きてしまったのだが、サウナは良かった。
たいがいのサウナの冷水浴槽は良くて地下水、下手すりゃ水道水ってなところが相場であるが、
このの冷水泉は薄褐色の鉄分豊富で冷た〜い鉱泉の完全掛け流し。

1時間に一回はサウナの中でのアロマテラピーサービスもあり。
温泉はどうでもいいけど、ここのサウナにははまりそう。

一日1050円で温泉セット付き、70分温泉セットなしのコースは70分限りで735円(ロッカー込み)
東武東上線小川町駅から徒歩10分程度でしょうか。



2004年5月15日 田舎便り(4)

今年も楽しみにしていたアオバズクがやってきた。例年の3週間遅れだ。
アオバズクの声で眠りについてクロツグミのさえずりで目覚める。
これだから田舎暮らしはやめられない。

そろそろホトトギスもやってくる時期。
ホトトギスも一晩中鳴き明かすので、哀愁のアオバズクと喧騒のホトトギスの共演が今年は
聞かれそう。



2004年5月5日

339°さんとパンプへ行った。半年振りくらいだろうか。
楽勝と思って取り付いた1本目の100度壁の5.8でテンションが入ってしまいショック!
その内徐々に勘が戻って5.10aがルートによって登れたり登れなかったりといういつもの調子が。

あれっ?ちょっと待てよ!?

半年振りでも変わらないって、やってもやらなくても一緒って事じゃない!
3ヶ月のグループレッスンの受講を真剣に検討中。



2004年5月4日

一昨日高校の同級生Sと久々に飲むために藤沢駅で待ち合わせ。たまたま同じように待ち合わせをして
いた同級生のKoとKaに駅でばったり。4人で飲みに行った。
当時二人は1600mリレーでインターハイまで行った、くったくのないスマートな陸上部員。
対するSと私は心情的
派系(弱小)剣道部兼応援団という訳の分からん存在だった。

1次会はKoお勧めの駅南口にある「すい庵」という手打ち蕎麦屋。ここの煮アナゴが絶品だった。
生涯こんな美味いアナゴに出会ったことはないぞと思った。白髭ネギと山椒で食べる鴨ローストも美味。
かきあげは期待ほどではなかったけれど、焼酎の蕎麦湯割りで大いに酔って昔話に花が咲いた。
Koの指導を受けて私が校内の記録会で走った400mのタイムをそのKoが覚えていたのにはびっくり。

2次会はおっさん4人の大カラオケ大会。
3次会は野球部だった同級生の兄が経営するショットバーMでバーボン。
4次会は・・・、こうして藤沢の夜は更けていったのだよ。

育った地元に住めるっていいなぁ。うらやましいよ。
「すい庵」:南口ロータリーを小田急線の線路沿いに進み、城南予備校の角を左に入った所です。



2004年5月2日 田舎便り(3)

例年この時期になると家の周りにアオバズク(小型のフクロウ)がやって来て、夕方から明け方まで
「ホウ、ホウ」とちょっと物悲しげな声で鳴きます。
一度など我が家の庭で一晩中鳴いて楽しませてくれました。

それが今年はどうしたわけか声が聞かれません。
どうしたのだろう。



2004年4月30日

5日から9日まで鈴鹿サーキットに泊り込んで「4輪上級資格B」を受講してきました。
訓練内容は大ざっぱに分けるとハンドリング(スラローム、ワインディング、ジムカーナなど)、ブレーキング
(高速ドライ、中速ウェット、低速低μ)、高速走行(南コース、本コースのサーキット走行)など。

教習風景を写真にとる積りでいたのですが、受講者3名に教習車3台、教官2名という豪華な教習だった
ためその暇がなかったのが残念でした。
教習車はCIVIC RS, S2000, INTEGRA Type R、MRに改造したZなどで、ABSはON/OFFができるように
なっています。(訓練なので基本的にOFF)
メインに使ったCIVIC RSのタイヤが1週間の教習でダメになってしまったくらいハードな走行の連続でした。

特に楽しかったのは低μ路でのカウンター訓練。ハンドルでは曲がれない低μ路をパワードリフトで車の方
向 を変えてコース通り走ります。FF車はコーナー直前でハンドルを切りながらサイドブレーキを引いてアク
セルオンでドリフト開始。MR,FR車はハンドルを切りながらただアクセルオンでドリフトします。

始めはスピンばかりですが、慣れてくるとカウンターを当てなくてもアクセル調節だけで方向付けができます。FFの安定性とFRの楽しさを実感しました。

サーキット走行(本コースフル走行)はレーサー気分。特にメインスタンド前のストレートを駆け抜けていく
時と 第一コーナー直前での5→4→3のシフトダウンのエンジン音には自己陶酔。知らないうちにセナと
競って いました。

ブレーキングは神経ピリピリであまり楽しくなかったけど、いい経験。

しかし、平日からポルシェは言うに及ばず果てはランボルギーニまで持ち込んでサーキット走行を
楽しみ、 昼はホテルのレストランで優雅に食事をしている人達には違う世界を垣間見た思い。
成功した経営医や弁護士が多いとのことでした。

ところで結果は34点(40点満点)で合格でした。次はツインリンク茂木で「4輪上級資格A」を目指し
ます。 (なんちゃって、会社が許してくれればの話ですけど。無理だろうなぁ。)



2004年4月4日

今日は娘の20歳の誕生祝いで家族で東京まで食事に行った。
帰路、娘を下宿先に降ろして来た。
ついに来てしまったひとり立ちの日。(と言っても親掛かりだけれど)
あ〜あ。

明日から1週間鈴鹿サーキットでテストドライバーの訓練を受けてきます。
15年ほど前にも受講したけれど、今回は一つ上のライセンスに挑戦。
帰ってきたら感想などアップします。



2004年4月1日

WPW症候群の疑い・高電位・不完全右脚ブロックのため、24時間心電図計測をした結果が出た。
内心ビクビクだったが、結果オーライ。
何の問題も無かったって。
だったら最初の結果は何だったのョ。 まさか、エープリールフールのウソじゃないよね?

で、お祝いって訳じゃないけど、ついに買ってしまいました。
モンベルの04モデル U.Lアルパインダウンハガー#1。
快適使用温度(下着のみ着用状態)−8℃以下、限界温度−22℃で950グラム!!
今まで使っていたシュラフに比べて500グラム以上の軽量化です。



2004年3月21日 田舎便り(2)

家の周りのウグイスの囀りが随分上手になってきた。

あと半月もすると近所の里山で10羽位が交互に鳴きかい野池の対岸の林にこだまする幻想的
な雰囲気が楽しめることだろう。
クロツグミの声はまだ聞こえてこないが、コジュケイが盛んに「チョットコイ、チョットコイ」と大声
を上げ始めた。

今朝は早起きして墓参り。
公園墓地内には早くもツバメが姿を見せ、帰路の畑ではヒバリのホバリング。

今夜は裏庭で取れたノビルと農協で買ってきたクレソン。

春本番ですねぇ。



2004年3月20日

4月から下宿する長女の引越しに行ってきました。

お父さんの学生時代の下宿は畳の4畳半、風呂なし、共同玄関、共同トイレ、共同水道。 
相場が1.5万の時代に篤志家が学生向けに提供してくれた4500円の木賃アパート。
食器棚は引越しに使った段ボール箱、時にはパンツを買う金もなかった・・・。

時代が違うとは言え、贅沢過ぎないかい?



2004年3月19日

自宅の食卓にノビルが出ていた。
近所の土手で採ったものでなくて農協で買ったというのがチト残念だけれど、春の便り。



2004年3月14日

自立した登山者を目指して今年はクライミングと読図に真面目に取り組もうと決心した。
「技は力の中にあり」って大山倍達も言っていたらしいけど、けだし。
早速懸垂用にぶら下がり健康器を購入。
腕力つけて技術をカバーだ。

だけどこんな大っきー物、宇都宮に置けるんだっけかいな?



2004年3月13日 田舎便り(1)

今朝2週間ぶりに自宅に帰ってきたら、ウグイスのたどたどしい囀りが。
これから7月一杯まで我が家の周りでは新緑の中のウグイスとクロツグミの競演。
これから素晴らしい季節を迎えます。



2004年3月12日

会社が我が課のために新しい建物を建ててくれた。
それで課の親睦会主催(つまり自前です)の落成記念パーティーがホテルで開かれた。
値切ったせいだろう、ビールはともかく紅白ワイン、日本酒どれも不味く、後半はひたすら焼酎を
飲んでいた。
お開きの時、酔っ払いすぎて間違えて部下のコートを着て帰りかけ、あきれられた。
「オレのコートの方が高い!」とか言ったらしい。

帰路アタリバチラーメンにふらふらと吸い寄せられ、もう満腹なのにがんばって汁まで成敗してしまった。
三度目の高脂血症も近いか・・・。



2004年3月10日

成人病検診の結果、昨年の肝機能低下と高脂血症(要は飲みすぎです)とはおさらばしていた。
体脂肪率13.8%、BMI 20.8と至って健康体だ。
しかし、今年は新手の出現だ。
心電図の結果、WPW症候群の疑い、高電位、不完全右脚ブロック(上野さん以外分かりませんね)
ということで、今日一日心電図計測器を装着して心電をモニターしました。

24時間胸に付けた電極から心電をとって、タバコほどのロガーの中のPCカードのような物に記録。
昔だったらテープ式のデーターレコーダーを背負わされたのかな?

夜、1ヶ月ぶりに馴染みの山菜料理屋に行く。
クレソン、セリなど平地の山菜が出始めた。クレソンとシイタケとハマグリのバター炒めが旨い。
大魔王があったので発注。旨い!少々飲みすぎ。